初めての転職!面接まで進める志望動機の書き方まとめ

初めての転職…戸惑う事ってかなり多いですよね。

最初の難関といえば、履歴書の記入です。

履歴書でだけで不合格になってしまう可能性もあります。

履歴書で難しい項目といえば、志望動機ですよね。

何を書いて良いのか、わからない方も多いはずです。

ここでは、志望動機には何を書いたら良いのか、

そして、履歴書に入れるべき3つのキーワードを

ご紹介していきます。

そもそも志望動機って、何を書けば良いの?

%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8

志望動機は、職歴と並んで人事の方が注目します。

志望動機は、人物像やこれからの可能性を計るための

項目であるといえるのです。

志望動機は、今までの経験・スキル・意欲と結びつけながら

論理的に説明をしていくことが重要となります。

転職を考えたきっかけ、その企業にどんな魅力を感じたか

その企業に入社後どんなことをやりたいか、などの

将来的な自分の理想像を記入するようにしましょう。

履歴書を書く上でさけてほしいのは、

ありきたりな表現で記入することです。

「事業内容に魅力を感じた」

「いろいろ勉強していきたい」

などのような根拠のない表現はやめましょう。

「意欲だけは負けません」という表現も、

多くの応募者が使う表現です。

人事担当者に目をとめてほしい、ライバルと差をつけたい!

と思うのであれば、意欲の高さや向上心を感じるエピソードなど

一工夫を加えると良いでしょう。

志望動機に入れるべき3つのキーワード

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%80%80%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8

志望動機に入れるべき3つのキーワードを

まとめました。是非参考にしてみて下さい。

<その企業でなくてはいけない理由を書く>

志望動機に書き方によっては、担当者に

「うちの会社でなくても良いのでは?」

という印象をあたえてしまう可能性があります。

他の会社でも使えるような志望動機

書かないように注意しましょう。

<独りよがりな志望動機はダメ!>

どうしてその会社に入りたいのか伝えることは大切です。

しかし、内容が企業の活動にあっていなかったら、

結果として独りよがりな志望動機になってしまいます。

事前にどんな会社なのかしっかり調べ

勉強してから志望動機を書くようにしましょう。

<採用するとメリットがあると感じさせる内容を書く>

自分が入社際、その企業に与える有益性を述べましょう。

たとえば、「自分は意欲的に働きたい」という表現を、

「グローバルな活動をしている御社に就職することで、

それを実現することができる」などに言い換えると、

担当者は、この人を採用すると意欲的に働いてくれる、

この人を採用することは会社にとってメリットだ!

と感じさせることができます。

是非参考にしてみてくださいね!

<まとめ>

いかがでしたか?志望動機を書く参考になりましたか?

少しでも転職希望者の方の参考になれたら嬉しいです!

是非、志望動機を書く際に参考にしてみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする