借金ある男性を福島の除染作業現場で無理に働かせてピンハネか?で男3人を逮捕

借金ある男性を福島の除染作業現場で無理に働かせてピンハネか?で男3人を逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190614-00000073-jnn-soci

警視庁は今年3月に東京のJR立川駅近くの駐車場から24歳の男性を車で連れ去り、福島県内で男性を監禁していた、会社員の米倉二郎容疑者(30)ら3人を営利目的略取などの疑いで逮捕しました。

福島の除染作業現場と聞いただけで、危険な仕事の匂いがプンプンしますよね。。。被害者男性と容疑者と被害者男性と交際中の女性という一見複雑な関係に見える事件の関係者達に一体何があったのでしょうか?今回はこのニュースをご紹介していきたいと思います!

① 借金返済をめぐるトラブルか?

警視庁によりますと、3人は男性が交際していた女性(20代)から借りていた240万円の返済を迫って連れ去り、福島県内の女性作業現場で、2日間、無理矢理働かせて給料をピンハネしたという事です。

取り調べに対して3人はいずれも容疑を否認し、米倉容疑者は「借金返済のために働くよう勧めただけで男性の意思だった」と供述しています。

② 240万円の借金の返済の意思はあったのか?

気になるのは消費者金融やクレジット会社のローンでもなく、また米倉容疑者達への借金でもなく、交際していた女性から借金をしていたという点です。

交際している間柄でお金の貸し借りが240万円もの大金に膨れ上がってしまっているというのは常軌を逸しています。一度に借りたのはまたはだんだん増えてしまったのかはわかりませんが、女性から大金を借りて、返済していないというのは被害者の男性にもかなり落ち度があると思いますね。

24歳という年齢から考えても、240万円というのは返済出来ない金額ではありませんから、返済の意思があったのかどうか、最初から返す気がないなら誠意がないように感じてしまいます。

③ ネットの反応

気になったネットの反応をいくつかご紹介します!

1. 借りている方にも多いに問題あり。
2. 交際女性と容疑者達の関係が気になる
3. 返済を迫るにもいきなり除染作業現場に放り込むのではなく、他に方法があったのでは?

借金返済の為に遠洋漁業の船に乗せられるなんていう都市伝説がありますが、この事件は近い物があります。普通の人であれば、なかなか考えつかない発想なので、加害者が何者なのかも気になりますよね。加害者の話を鵜呑みにはせず、冷静に今後の経過を見守りたいと思います。

まとめ

交際女性との借金返済を巡り、男性が福島の除染作業現場で無理矢理働かされてしまった事件ですが、交際女性と容疑者の関係などまだまだわからない部分が多いです。
親しい間柄であればある程お金の貸し借りはトラブルのもとなので避けた方が良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする