初心者必見!風水の効果が高い間取りの味方は、これ!

せっかく一人暮らしするなら、間取り一つ、家具一つにも
こだわりたい。
でも、本気でこだわると、けっこう時間がかかって大変・・・。

ということで、もう部屋が決まって住んでいる人、これから探す人、
どちらでも使える、初心者向けでお手軽な「風水」利用方法を
調べてみました。

風水の間取りは一人暮らしでこそ実行せよ!

ところで、部屋探しに必要なアイテムはちゃんとお持ちですか?

・ノートと書くもの。
ノート(またはスケッチブック)はB5以上が、いろいろ書き足せてオススメ。

・スケール(メジャー)。
100円ショップでも売っていますが、最低でも3m、できれば
5mのものがほしいです。

・方位磁石。
風水は「方角」を大事にするのは周知の事実ですから、より精密な方角を調べるためには必須アイテムです。

これらをそろえて、

・自分で部屋のタテ・ヨコ・高さを図る
・自分で方角を図る

これができてこそ、風水を活かせます。

なぜなら、「カーテン」「家電」「ベッド」「収納家具」こういった
「大きなモノ」の位置が部屋の空気を変えると言われているからです。

そして、一番大事なことは、

「一家の主の運気を上げる」

こと。

つまり、家族がいる場合はその家の大黒柱。
日本の場合はやはり男性=父親/夫がメインになるでしょう。
また、家族が増えると当然ほしい運気もその獲得方法も違うので
「みんなが満足する間取り」を作るのは大変難しい。

ということで、一人暮らしで「自分が主!」の時にこそ
ばっちり研究して、自分のための風水をしっかり形にできる
絶好の機会なのです。

間取りを自分で診断する方法

で、自分の欲しい運気を決めて、それに合わせた間取りを探すわけですが・・・。

ハッキリ言います。
「そんな都合のいい部屋は、ありません!」

一人暮らしでありがちな、「縦長で、玄関から部屋の奥までまっすぐ丸見え」な部屋は、実は一番ダメなパターン。
風水では運気が玄関から入って中心に向かって時計回りに渦を巻く、
と考えられています。
よって、玄関から縦長にまっすぐな、しかも一番奥が窓やベランダだと、運気が渦巻かないどころかただまっすぐに窓から出て行ってしまう・・・ということも、あるわけです。

しかし、そんな部屋でも運気をうまく巡らせるようにできます。
清潔なカーテンや観葉植物、のれんや風を通す素材のパーテーション、そういったもので空間を「仕切る」のです。

※鏡も仕切る・良い運気を集めるのに使えますが、
洋の東西を問わず大変強力な諸刃のアイテムですので
使い方・隠し方はきちんと調べましょう。

風水で重要な鏡。間違った位置や使い方は運気ダウンの原因に!
女性の美学
https://josei-bigaku.jp/renaiunwoageru36078/

具体的には、狭い部屋でも、
「玄関」「キッチン」「トイレ」「風呂」「リビング」「寝室」
を、仕切って作る。
私もワンルームでしたが、100円ショップのつっぱり棒と布で
のれんを掛けて玄関とキッチンを仕切り、チェストでリビング
(食事したり寛いだりするスペース)とベッド(寝る場所)を
仕切ったりしました。

要するに「間取りは変えられる」のです。

でも間取りより大事なことがあります。
それは、

「部屋に入った時の印象」

これは意外と侮れません。
オカルトとか霊感とかに無縁な人でも、野生の本能か何かで
「この場所、なんか苦手」というものは感じられます。
だから絶対に内見と、周辺の散歩はして下さい。
自分が元気いっぱいで絶好調な時に、です。
「類は友を呼ぶ」のです。
体調不良や疲れている時、テンションが下がっている時は、
そういう「マイナスなもの」に引き寄せられやすくなるので、
無理をせず休みましょう。

まとめ

実は、自分も今、ちょっと後悔しているのです。
第一印象が「真っ暗」「じめじめしている」といった「悪いイメージ」だった部屋に、今も便利さに負けて住み続けていますから。

もし今、私の運気が保たれているなら、それはやたらに掃除好きな
夫のおかげとしかいいようがありません。

結局、元あるものを良くするか悪くするかは、住んでいる人の
心がけ次第とも言えるでしょう。
第一印象が良くないが、どうしてもそこに住みたい、住まざるを
得ないという場合は、ぜひ掃除をこまめにして下さい。
カーテンや使っているタオル、ラグはまめに洗って清潔に、運気の出入り口となる玄関及び窓周辺も拭き掃除をしてあげて下さい。

いいアイテムをそろえても、掃除の行き届かない部屋ではせっかくの風水は活かせません。
「掃除しやすい」部屋というのは、意外に大事な要素ですよ?
どんどん迷って考えて、自分が掃除し続けたい納得の部屋を
ゲットして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする