義母からのLINEが憂うつ!1時間に10通ってありえる?

義母からのLINEが憂うつ!1時間に10通ってありえる?

〜1時間に未読が10通も!LINEを頻繁に送ってくる義母の対応に困っています【お悩み相談】〜
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00184429-lettucec-life

幸せな結婚生活。夫婦だけで仲良く暮らせればそれでいい。。
そう思っていても、現実はそう簡単にはいきませんよね。
義両親、親戚、ご近所づきあい…。

ほかにも色々あるでしょう。
今回は義母からのLINEが1時間に10通も送られてくるというお悩み相談を取り上げます。

義母との関係が上手くいけば、夫婦関係もスムーズにいくことができるはずです。逆に夫婦関係も
もっとよくなれば、義母との関係もよくなります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

〜義母と友達関係が理想!?より良い関係を築くには?〜

28歳、結婚2年目、7か月の赤ちゃんがいるママからのご相談。。
義母からの頻繁なLINEの連絡に困っているとのこと。

義母は、基本的にはいい人で、自分のことも、「良い嫁だ、息子にはもったいない〜」などと、近所の人たちに言って回るほどだと言います。

ただ、義母自身が義両親と上手く付き合えなかったらしく、その分、自分の嫁とは友達のような関係でいたいとのこと。

だからといって、7か月の赤ちゃんがいる家庭なのに、1時間に10通もLINEを送ってくるのは、正直どうなんでしょうね。

同居していれば話は違いますが、離れて暮らしていると、相手の生活が見えないので、自分目線で物事を考えていると、相手に迷惑がかかります。

実際、私も10か月くらいの赤ちゃんがいるんですが、朝の6時半くらいに義母から電話!!がかかってきたことありますよ。。

さすがに、イライラして夫にすぐに報告しました。夫は、「まったく常識知らずだな〜」とは言ってましたが、義母には直接は何も言わず。

それでも、聞いてくれただけでもイライラは少しは解消されますよね。

友達のような関係が理想とは言いますが、常識というか、マナーというか、人としての気づかいにかける人は、たとえ義母であったとしても、付き合い方に悩むのは当然ですよね。

できることなら、最低限そういった人としての気づかいができる人になってもらいたいですよね。

〜友達だと思えればそれが理想なの?〜

このお悩み相談では、回答者さんは、友達だと考えて、自分のできる範囲で返信もすればいいという風に回答されてました。

う〜ん、ちょっと的外れな気もしますね。

たしかに、義母とは、仲良く友達みたいな関係になれたら一番ですが、最低限の人として、相手の状況とかを考えれない人ってどうなんだろうという話です。

だいいち、このママさんは友達になれないからこそ悩んでいるわけで。。

何でも相手の気持ちを考えること、自分の事情ばかり優先しないこと。
急病とかなら、別ですが。

それを考えてもらえるように、まずはママさんも、夫に相談するのが一番な気がします。

その為に、夫とも普段からよく何でも話しをしましょう。
夫婦のコミュニケーションが、あらゆるストレスを軽くしてくれるはずです。

どうやったら日中のいそがしい時とかにLINEをやめてもらえるか、1時間に10通とかの頻度は考えものだから改めてもらう、仲良くなるにはLINE以外にはないのか、色々考えられることはたくさんあるはずですよね。

まずは、自分の生活状況を伝える。”朝などはミルクをあげたり、朝の支度などで返事は難しい”など。。
これも大事だと思います。

普通、言われなくてもわかるでしょ。。と言いたくなりますが、言われないとわからない人は本当にいるんです。

自分の常識が相手に必ず通じるとは限らないことは、お互い様ということですね。

〜まとめ〜

義母とより良い関係を築くには、コミュニケーションももちろん大事です。

要はその手段、方法ですよね。

電話の方が話が早いなら、1日一回の電話にしてもらうとか、仲良くなりたいなら、もっと頻繁に会って、子育ても手伝ってもらったり、こちらが聞くばかりでなく、自分の事情も話したりすればいいんです。

どちらかが我慢する、それも時には必要でしょうが、それがずっと続くのは、ママも子育て、家事もあるのに、疲れ果ててしまいますよ。

私も、本当に義母との関係で悩んでいましたが、我慢しすぎないことを意識するようになってからは、良好な関係を築けるようになりました。

我慢しすぎないこと、相手を思いやること。
それが、お互いに気を使わない関係を築く為のポイントと言えるのではないでしょうか?

子育てママ達には、いつも笑顔でいてもらいたいですからね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする