告白のタイミングはいつが良い?成功率がアップするタイミングとは

本日のテーマ

告白のタイミングはいつが良い?成功率がアップするタイミングとは
告白のタイミングは社会人になると劇的に変化する
告白はタイミングと同じくらい場所が重要!

 あなたには片思いしている人はいますか?
 
相手は自分のことを、どう思っているのかな?
どうやったら振り向かせられるかな。告白したら付き合えるだろうか?

切ない片思い。そんなことばかり考えているにちがいありません。
 
今日は恋愛、いや片思いのプロがそんなあなたのお悩みを解決いたしましょう。

①告白のタイミングはいつが良い?成功率がアップするタイミングとは

時期の見極めはとても重要になってきます。

年齢、職業、それぞれ環境においてパターンは変わりますが今日は社会人の皆さんに焦点をあててお話していきます。

職場で仲の良い彼もしくは彼女がいるとします。 
あなたはその人に片思いしています。
職場でまぁまぁ仲が良いし。意外といけるかもしれないだろうと甘く考えて、高まる思いのままに

唐突に告白したら相手がよほど自分を好いていない限りはかなりの確率で失敗します。
相手のテンションは自分ほどでもなかったりして。え?なんでいきなり?などと当然ビックリされてしいます。

あ、こいつ好きなんだ。俺、もしくは私のことが。あ、そういうのは
職場だし噂になりたくないし面倒くさいし嫌だな。
そんな風に相手に思われてしまっては、思いが叶うどころか最近場合はその日以降、露骨に避けられてしまうかもしれません。
職場や学校などのコミニュティにおいては噂になったりすることで、輪が乱れたりするのを嫌がる人も少なからずいるのです。

そういう人は友だち以上の気持ちがある素振りをみせたとたん
あんなに仲良かったはずなのに、急に素っ気なくなってしまいます。
それで関係が終わってしまってはプラスどころかマイナスに。

さて相手と仲のよい同僚以上の関係をつくるべく
距離をつめるには何が大切でしょうか。  
もてる男性や女性の特徴は空間把握能力です。
相手との距離感のつかみかたがとにかくうまいです。
ほどよくフレンドリーに接してみつつも、冷静に距離感を上手に見極めています。引くべきとき、相手があまり気持ちがノッてないとみるやささっとひきます。

そして、向こうが少しでも自分に好感を抱いていると判断したら、一気に懐に飛び込んで距離をつめるのです。二人きりの遊びに誘って見たりして仕掛けます。その間合いの取り方のセンスは天性のものでもありながら日頃の研究の成果である人もいます。

で、普段の会話で相手の好みをサーチしてから、
ここの店知ってる?最近オープンして
結構人気あるみたいだから行ってみない。?などと至極自然にかつ相手に警戒心を与えない様に誘うのです。というより相手が自分に確実に心を開いたタイミングを見極めて誘うため非常に失敗が少ないのです。

頭の良い戦国武将のように押し引きを巧みに繰り返して相手のきもちを掴みにいくのです。

恋愛においては勝負は三回までという隠れた法則があります。三回目のデートまでにそれ以上の進展がなければ、その恋はそれ以上に発展しないというもの。

何も進化を期待させないまま、やみくもにデートをしていても相手がもし、それ以上の関係を期待していたとしても3回を越えてしまうと諦める、飽きてしまう。あるいは結局友だちとして遊ぶだけの関係になってしまいます。

3回目までがギリギリ待てる限度ということ。
言い換えれば3回も自分と二人で会ってくれるということはかなりの確率で好感をもってくれているということなのです。

そこで重要になってくるのは自分はこういう人間ですよ!明るいですよ!楽しいですよ。笑わせますよ。優しいですよ。と、自然に自分の個性を小出しにしながら売り出すこと。

好意のアピールもぬかりなく行いましょう

ベタですが~さんが彼氏ないしは彼女だったら幸せだろうな。
相手の好みのタイプを事前にひたすらリサーチ。そしてデートの初陣、事前にリサーチを重ねた相手の好きなスタイルで登場するのです。

ここまで俺、あるいは私のために一生懸命努力家してくれたのか!喜びこそすれ怒るひとは居ないはずです。一回のデートで勝利をもぎ取ることも夢ではありませんよ。

告白のタイミングは社会人になると劇的に変化する。

今どき社会人は告白など回りくどいことを面倒くさがる傾向があります。いかに時間の無駄を省くか。
仕事や趣味でせわしない日々を送るうちにそのような考えに自然となっていきます。そもそも
学生のように暇ではないので、そんなことに頭を悩ませている時間はありませんし、過去に色々恋愛の失敗
を重ねていれば勢いにまかせることがリスキーだと学習して、臆病になったりもします。

その臆病さは決してマイナスではありません。
過去の経験から時期を見極める目を肥やしているとも言えるからです。そして社会人の強みは
なにしろ経済力です。普段の地ならしをきちんとしたうえで
いざというときにお金をかけてサプライズ
それは時に
思いの強さの物差しになりえます。俺、あるいは私はこんなにお金をかけてもらえる価値のある人間なのか!
そんなふうに思わせる効力を放ちます。

焦らず時間をかけながら時期を見極めて攻撃をしかけましょう。

告白は場所と同じくらいタイミングが重要

間違えてもお酒の勢いにまかせて関係を先にもってから告白なんていけません。社会人にありがちなミスです。
愛する気持ちに信憑性をもたせるのです。

人はいくつになってもロマンチックなシチュエーションに夢をみるもの。
普段できないようなサプライズを3回目のデートでしかけましょう。
2回目のデートまでの間に相手が理想とするシチュエーションをリサーチするのです。
なにごともリサーチが大切!
ベタな質問で理想のプロポーズなどの話を振ればある程度相手が夢を見ているシチュエーションをリサーチできます。

最後に

企業でもイベントを成功させるには顧客のニーズをマーケティングして、趣向をこらしたイベントを打つことであらゆる人の気持ちをつかめるもの。

ビジュアルなんて関係ありません。大切なことは
熱意。そして時間や労力を惜しまないこと。

人の気持ちは動かせます。

素敵な片思いを成就させるために頑張りましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする