ビリッ!と来るイヤな季節に・・・今年も悩む静電気の「なぜ」を解説

冬の寒い日、外から帰ってきてドアノブに触ると、バチィッ!!
こんな経験、皆さんありますよね。
「冬将軍に辻斬りされたね!」と、
「聖☆おにいさん」(私のオススメマンガ!)の主人公ブッダは表現していたが、

まさに無差別不意打ちで、しかも痛い。
たいしたことないと分かっていても、やっぱり痛いのはイヤですよね。

冬に静電気が起きるそもそもの理由

静電気とは、単純に言えば「電気を帯びている」状態です。
それが、接触によって「電流が流れる」状態になる時にバチバチッと感じるのです。

電流の正体はマイナスの電荷を持つ電子が流れている状態です。
普段はプラスの電荷を帯びている陽子とくっついているのですが、
その「つながり」が、他の物とぶつかったり高温になったりすると切れてしまい、
電子だけがポーンと飛び出します。

この「自由電子」と呼ばれる電子が、あるものには集まってマイナス電荷を強め、
あるものからは逃げ出してプラスの電荷に傾ける、これが「電気を帯びている」状態です。

私たちも身の回りのものも、常に何かと触れ合っています。
そのたびに自由電子を集めたり放出したりしているので、
本当は24時間365日、バチバチッと来てもおかしくないわけです。

でもそれを感じないのは、
私たちの体にマイナス電子が流れてくる前に、空気に放出されて「中和」されるからです。
正しくは「空気中に含まれる水分」が電子を通し、
結果、電子の流れが私たちの体から「逸れる」のです。
だから私たちは普段、電線や雷の直撃などの高圧電流にでも触らない限り、
電流を感じずに済んでいるのです。

ですが、冬になると空気が乾燥します。
乾燥するということは、空気中に水分がないということ。
そのため、普段は放電される電子が溜まりやすくなります。
身の回りの物が常に「電気を帯びた状態」になっていると言ってもいいでしょう。

特に人の体はプラスに帯電しやすい、つまりマイナス電子が足りない状態になります。
そのため、マイナス電子を溜めやすい金属やビニール、アクリル繊維などと触れ合うと
マイナス電子がドドっと流れてくるわけです。

これが「バチバチッ!」という静電気の正体で、かつ、冬に感じやすい理由なのです。

スグにできる冬の静電気対策

1. 保湿
まず自分の肌を常に「潤す」ことが、静電気を防ぐ一つの手立てになります。
空気中に水分が足りないなら、自分の肌や髪の水分を介して空中に放電しよう、
という作戦です。
特に乾燥肌の人は、静電気軽減のためにも保湿を心がけましょう。

2. 天然のものを身に着ける
基本的に自然のものは人間に近い電荷を持っている、
つまり私たちから見ると相対的に「帯電していない」ため、積極的に身に着けるといいと思います。
下着には木綿や毛(ただしウールは帯電しやすいので注意)を着ましょう。

ちなみに、革の手袋ならドアノブに触っても全然平気です。

3. 地面や壁に触れる
そんな暇ない、今この目の前のドアノブに触らなければ・・・!という方は、
手っ取り早く足元の地面か、その辺の壁またはガラスに触りましょう。
自分が帯びている偏った電気を中和してくれます。
ただし、その相手がドアノブと同じ金属では意味がありませんが。

4. 静電気防止スプレー
衣類用の「エレガード」(LION)なら、お持ちの方も多いのではないでしょうか。
成分は界面活性剤。台所用洗剤と同じです。
油になじむ性質で滑りを良くして触れ合う際の衝撃を減らし
、静電気を発生しにくくすると同時に、
水になじむ性質で空気中の水分を集めて電気を中和するのです。
他にもホコリ除けにも使えますので、一本あると便利かも知れませんね。

まとめ

以上、静電気についてまとめてみました。
冬に発生する理由も、防ぐ方法も「保湿」がポイントでしたね。
今年はぜひ「潤っている私」を目指して静電気対策を検討してみて下さい。
美容にもいいので一石二鳥ですよ。
バチバチっと辻斬りされない、快適な冬を過ごしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする