こんなに凄かった!?酢に秘められた健康効果とは?

こんなに凄かった!?酢に秘められた健康効果とは?
普段、あまり気にせず使ってる『お酢』。
本当はとても健康に良い食材と知ってますか?
料理に使ったり、酢の物に使ったりと食卓では欠かせ
ない調味料に一つですね。
そんな身近にある酢に秘めた健康効果を紹介します。

酢とはどういうものか

img_2266

酢とはどんな物なのか?
知ってる様であまり知られてない酢の存在。
では、酢とはどんな物なのか?
少し酢について紹介します。

酢とは?

酢(英語でvinegar)は酢酸を3〜5%程度、
含み酸味のある調味料の事です。
殺菌や防腐を目的としても使われており
よく知られてる物ではシメ鯖などに殺菌や
防腐の目的で使われてます。

酢の歴史

酢の歴史は文献上では紀元前5000年頃に
バビロニアに記録があるとされてます。
日本では15代天皇の頃に伝わったとされ
てます。

酢の作り方

酢の作り方は昔と違い今は大量生産がメイン
で連続発酵法が主となります。
連続発酵法とはタンク内に空気を送りプロペ
ラなどで撹拌かくはん)し細かい泡を作りま
す。泡を作る事により空気と接する面積が大
きくなり発酵が早くなり短時間で出来る様に
なります。
他に連続発酵法とは逆で静置発酵法と言う物
もあります。
こちらはTVのCMでよく見る黒酢などを製法
する時に使われてる方法です。
プロペラなどで撹拌する連続発酵法と違い
自然対流で発酵を促す方法です。

酢の種類と効果、おすすめの飲み方や1日量

img_2267

そんな酢の効果とは?

酢の効果

1、食欲増進効果

酢の主成分の酢酸には、唾液や胃液の分泌を
促進し消化酵素を活発化させる効果がありま
す。消化酵素が活発化することにより胃の働
きが良くなり食欲増進効果が得られます。
夏場の食欲が無い時など酢を使った料理を食
べると夏バテの予防になるかも知れません。

2、疲労回復効果

酢に入ってる酢酸は体の中に入るとクエン酸
になり乳酸を分解し疲れが溜まりにくくなる
効果があります。
クエン酸は乳酸を抑止する効果があるので、
疲労回復効果が見込めます。

3、減塩効果

酢は塩味のものとは相性が良く塩分をそんな
入れなくても味がしっかりするため減塩効果
が期待できます。

おすすめの取り方

酢の効果を最大限にする為には量や濃度、
摂取するタイミングが重要です。

img_2268

酢を飲む

そのまま飲んでも大丈夫なものとは希釈し
摂取する物があります。
希釈するタイプは胃や食道が荒れてしまう
事もあります。

胃腸が弱い方は?

お年寄りや小さいお子さんは酢の強い酢酸
で荒れたりします。少し表示より多めに
希釈する事をオススメします。

空腹時は避ける

胃腸が弱い方以外でも空腹時などは胃を痛
めてしまう可能性があります。
ほかに希釈するタイプの酢は濃度が高い為
歯を溶かしてしまう事もあります。

摂取する量は?飲むタイミングは?

酢を摂取するなら1日に摂取する量も気に
しておきましょう。
目安としては1日に30cc程度。
ちょっとした酢の物程度にしましょう。
飲むタイミングとして、空腹時は胃が荒れ
る原因にもなりますので食中か食後が良い
と思います。

まとめ

img_2270

酢は健康効果が抜群に良い物ですが摂取す
る量やタイミング、濃度などを間違えると
胃に悪く働きます。
摂取するなら一度に多く取らずにしっかり
とした分量を守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする