癒し音楽で良い睡眠を!1日の疲れをリフレッシュ!

毎日、仕事や家事、育児など
お疲れ様です!

疲れてなかなか寝付くことのできないあなた。

音楽を聴いてリラックスしてみませんか?

寝つきが良くなる音楽について
紹介していきます。

1. 癒しと音楽・睡眠の関係性、得られる効果とは

img_6500

そもそも、なぜ寝つきが悪くなるのか
不思議ではありませんか?

それは
脳が興奮している
からです。

ですので、まずは
脳をリラックスさせる必要があります。

そこで、音楽を聴いて、
脳をリラックスさせるという方法があります。

でも、音楽ならなんでも良い
というわけではありません。

音楽は耳から脳に入りますよね?

そうすると膿が刺激されることになるので
正確には、音楽は睡眠の邪魔をしてしまうのです。

しかし、最初にも書いたように
疲れや興奮状態のせいで
脳が興奮しているので
脳が落ち着くような
音楽を聴く必要があります。

では、どのような音楽が
良いのでしょう。

① 落ち着いた一定のテンポのもの
② 歌詞が入っていないもの
③ 音量は低め
④ 自分で聴いてリラックスできるもの

などがいいとされています。

このように癒される音楽を聴くと
α波と呼ばれる脳波が出ます。

このα波は身体がリラックスした状態の時に
分泌され
スーっと眠りにつくことができるのです。

2. 寝つきが良くなる癒しの音楽を紹介

img_6498

① モーツァルト

クラシックであれば
モーツァルトがお勧めです。

モーツァルトの曲は
一定のリズムを刻み
転調なども少ないため
上で書いたリラックスできる音楽
に丁度当てはまります。

中世の貴族たちも
リラックスを求めモーツァルトを
聴いていたくらいなので
歴史的にも長い
リラックス方法ですね。

② オルゴール

オルゴールは、脳をリラックスさせるだけではなく
オルゴールの周波数によって
血液の循環が良くなり
自律神経を整えてくれる効果まであります。

自律神経には
昼間に活躍する
交感神経と
リラックスする時に活躍する
副交感神経があります。

自律神経が整うことで
この副交感神経がしっかり作用し
リラックスし、眠ることができるのです。

オルゴールの曲にも様々な種類があります。

YouTubeなどには
ディズニーやジブリなど
知っている曲も
睡眠用に作られているので
ぜひ活用してみてくださいね。

③ エンヤの曲

睡眠するためにエンヤの曲は
人気絶大です。

少し聴いただけでも「エンヤ」だと分かる
独特の曲調は
リラックスさせてくれ
いつの間にか眠ってしまうほどです。

④ 川のせせらぎや鳥のさえずりなどの自然音

音楽に限らず、
自然音を耳にするだけでも
眠くなってきます。

実際に自然の中にいくと
リラックスできますよね?

自然音は、
様々な不規則な音が絶妙にマッチして
人の心を穏やかにしてくれる効果があります。

また、胎児がママのお腹の中で
心音と羊水の音を聴いて育っている
という事に似てると言われています。
まとめ

寝つきを良くするためには
脳の興奮を抑え、
リラックスできる状態を作るという事が重要です。

癒しの音楽を聴いて、
リラックスし、すんなりと眠る事ができると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする