こんなに抜けて大丈夫?!産後の抜け毛、原因と対策のポイント

出産後の悩みを尋ねると

多くのママさんがこう答えます。

「抜け毛がひどくなった」

「髪のハリ・コシがなくなった」

「髪が薄くなった」、、、

私も産後そのような悩みを抱えた一人です。

シャワーを浴びるたびにごっそり抜ける髪の毛

朝起きると枕についているたくさんの毛

毎日抜けていく髪の毛に

大丈夫かな・・・このままハゲちゃうのかなぁ

と真剣に悩みました。

「なぜ、こんなに抜けちゃうんだろう?」

「対策はないのかな」

考えている新米ママさん、

また2人目以降のお子さんを

お考えのママさんの助けになれたらうれしいです!

どうして産後は抜け毛が増えるのか?

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s

まず、産後の抜け毛の原因を知りたいですよね。

出産は、女性にとって命がけの大仕事です!

お腹が大きくなっていき、外見も大きく変化しますが、

身体の内面も外見以上に様々な変化が起こっています。

一番の原因は、女性ホルモンの変化

だと言われています。

老化や衰えからくるものではないようです。

妊娠中は、女性ホルモンが急増します。

女性ホルモンは2種類あります。

「エストロゲン」「プロゲステロン」

妊娠すると「プロゲステロン」の分泌量が上昇します。

「プロゲステロン」には、

体温を上昇させる、妊娠状態を継続させる、

また、毛髪の成長を促す

などの働きがあります。

つまり、本来抜け落ちていくはずの髪の毛が

抜けずに伸びていくのです。

しかし、

出産を機に

プロゲステロンの分泌量は制限され

元の分泌量に戻ろうとします。

身体は、産前の状態に戻ろうとするのです。

プロゲステロンによって

成長し続けていた毛が

一気に抜け落ちるようになります。

これがいわゆる

「産後脱毛症」

と呼ばれるものです。

本来抜け変わるはずだった毛が

抜けるので異常な現象ではなく、

体にとっては

正常なことです。

ただ、急に抜け始めるので、

髪が薄くなり、こちらはびっくりですね。

約2~3ヶ月頃から抜けはじめ、

6ヶ月以降から抜け毛もおさまってきて、

産後1年後には

出産前の状態に戻ると言われています。

しかし、例外もあります。

それは、ストレス疲れが原因で引き起こされるものです。

この場合、年月が経っても回復していきません。

放置せずにかかりつけの医師に相談しましょう。

どうしても気になる!自分で予防するときのポイント5つ

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

一般的に産後の抜け毛は、

女性ホルモンによる正常な働きによるものだ、

と分かっても、、、

やはり、できるならばごっそり抜けたくないですよね。

出産後の育児で睡眠もままならない、

疲れが出てきている中で

薄毛の自分の顔を鏡でみると

なんだか悲しくなってしまいます。

「産後脱毛症」予防のために、

出産中からできることはないのでしょうか。

それが、あるんです!

キーワードは5つです。

  • バランスの良い食事

カルシウム、タンパク質、ビタミンB群、ミネラル(亜鉛、鉄)

バランスよくとりましょう。

チーズや干しエビなどのカルシウムは髪の艶、コシに、

大豆や肉などのタンパク質は

髪の原料になると言われています。

マグロなどの魚に多く含まれるビタミンB群は

タンパク質と共に髪を製造する役割があり、

ビタミンB6は髪の成分となる

ケラチンが含まれているので大切です。

また、代謝を促すので

生え変わりの循環にプラスです。

海藻類や貝類、レバーなどの

鉄分を含むミネラルは髪を育てるのに役立ちます。

どれも大切な栄養素です。

偏らずにバランスよく摂取しましょう。

  • 睡眠

睡眠は、大切ですよね。

髪の毛は、午後10時~午前2時

最も成長すると言われています。

お肌と一緒ですね。

産後は、赤ちゃんの夜泣きなどで

十分な睡眠を確保できなくなります。

妊娠中は、夜のスマホなど極力避け、

規則正しい生活リズムで過ごしましょう。

  • ストレス発散

ストレスは血行を悪くし、

抜け毛を招く原因にもつながります。

妊娠中は、特に感情の起伏が激しくなったり、

涙もろくなったり、

マタニティブルーになる方もいます。

自分が心も体もリラックスできる

ストレス解消法を探してみましょう。

  • ヘアスタイル

これは根本的な対処法ではありませんが、

妊娠中、特に安定期~妊娠後期に入るくらいまでに

ボブスタイルやショートヘアなどの

手入れがしやすい髪形

変更するのも良いかもしれません。

産後は、赤ちゃんのケアで自分自身のケアを

妊娠前と比べて十分とることができなくなります。

髪の毛のケアは、おそらく二の次となるでしょう。

その際、ロングヘアだと

抜けていく髪の毛もそれは多いことでしょう。

必要以上のショックやストレスは避けたいものです。

  • 正しいヘアケア

抜け毛予防の1つに、正しいヘアケアがあります。

間違ったヘアケアが頭皮にダメージを与えたり、

抜け毛の原因になります。

しっかり髪を濡らし、シャンプーは泡立ててから

洗いましょう。爪は立てずに、手の腹でやさしく

マッサージしましょう。

まとめ

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

いかがでしたでしょうか。

産後の抜け毛の原因を知り、

少し安心された方もおられるのではないでしょうか。

出産に向けで、

今から食生活の見直しや予防として

できることから取り組んでみたいですね。

お腹の赤ちゃんと一緒に始めみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする