初期ほど注意!コーヒーのカフェインが妊婦に与えるリスク!

妊婦さんはコーヒーを控なくてはいけないと

よく言われますよね?

なぜコーヒーを控えなくてはいけないのか知っていますか?

コーヒーが大好きな人にとって、

制限するのはストレスに感じるかもしれませんが、

妊婦さんがコーヒーを摂取するには注意が必要です!

コーヒーを飲むとどんな影響があるのか?

飲んでも良いコーヒーはあるのか?

ご紹介していきたいと思います。

がぶ飲み禁止!流産や発育遅延の恐れあり!

なぜ妊婦さんはコーヒーを控えた方が良いのか?

それは、コーヒーに含まれるカフェイン

胎児に悪影響を及ぼしてしまうからなのです。

カフェインは中枢神経を興奮させる作用があり、

大量に摂取すると不眠神経興奮緊張感

頻脈呼吸促進などが引き起こされてしまいます。

健康な成人の体にもこのような作用を及ぼすカフェインは

妊娠中の母体には適さないのです。

妊娠中の体はカフェインの分解に時間がかかるので、

胎盤を通じてカフェインがお腹の赤ちゃんに

移行しやすくなってしまいます。

すると、流産早産低出生体重児

発達障害の原因になってしまうのです。

特に妊娠初期は注意が必要になります。

妊娠初期は胎盤をつくる大事な時期です。

カフェインは胎盤をつくる血液を減少させてしまい、

胎児の発育に影響が出る可能性があります

また、妊娠初期は血液量が急激に変化するので

貧血になりやすくなっています。

コーヒーにはカフェイン以外にも、

タンニンという鉄分の吸収を妨げる作用がある成分が

含まれているので貧血になる可能性があります。

貧血の症状が出ている場合は飲むのをやめ、

特に体に栄養素を取り込む食事中~食後30分以内は

飲まないように気を付けましょう。

妊娠初期だけでなく、妊娠中は貧血になりやすいので、

妊娠中はコーヒーの摂取に気をつけるようにしましょう。

しかし、赤ちゃんに影響を与えるのは、

あくまで過剰に摂取した時のことです。

日本人の体格から考えてカフェインを摂取して良い量は

1日150~200mg

コーヒー1杯から2杯くらいまでなら

飲んでも大丈夫と言われています。

コーヒーを飲みたい方は摂取量を調整をして飲みましょう。

気になる貴女はノンカフェイン 色んな種類あります!

コーヒーを控えなきゃいけないのはわかったけど、

どうしても我慢できない、たくさん飲みたい!という方!

そんな方には「デカフェ」がおすすめです!

デカフェとはコーヒーからカフェインを取り去ったものです。

海外では一般的なのですが日本にも

デカフェが浸透しつつあります。

いろいろな種類があるのでご紹介します!

<レギュラーコーヒーのデカフェ>

■小川珈琲店 カフェインレスブレンド ¥869■

小川珈琲は京都の老舗コーヒー専門店です。

水を用いて生豆からカフェインを

97%カットしているそうですよ。

<ドリップバックのデカフェ>

■アロマポットカフェインレスコーヒー ¥484■

カフェインレスとは思えないコクと味わいがあります。

お値段もお手頃でおすすめです。

<インスタントコーヒーのデカフェ>

■ネスカフェゴールドブレンド カフェインレス ¥894■

知ってる方も多いコーヒーの有名ブランドです。

コーヒーの香り重視の方におすすめです。

<タンポポコーヒー>

育児雑誌などによく載っています。

コーヒーに似た味わいをしているので、

コーヒーが好きな方にも好まれる味わいです。

母乳が出やすくなったり、体の冷え便秘など

体に良い効果があるので妊婦さんに人気です。

■ノンカフェイン タンポポコーヒー ¥2,120■

コーヒーとは少しだけ味わいが異なりますが、

ほろ苦い味わいがくせになる方が多いようです。

まとめ

コーヒー我慢しすぎてストレスになるのは嫌ですよね!

摂取量を守り、うまくノンカフェインコーヒーを取り入れ、

無理のない楽しいマタニティライフを送りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする