炭水化物抜きダイエットをしても痩せない!って人が陥る重大な落とし穴

最近炭水化物抜きダイエットってよく耳にしますよね!

でも炭水化物ダイエットの正しい方法を理解していますか?

一歩間違えると体に悪影響が…

ここでは炭水化物抜きダイエットの正しい方法と

体にどんな影響があるのかまとめてみました。

正しい方法を理解していないのかも!?

[ad#co-1]

炭水化物抜きダイエットとは一体どんな

ダイエット方法なのでしょうか?

炭水化物抜きダイエットとはその名の通り、

炭水化物の摂取量を制限して血糖値をコントロールし、

減量や体質改善を目指すダイエット方法になります。

では早速正しいダイエット方法をご紹介します。

まず、1日の中で一食だけ主食を抜く

「プチ炭水化物抜き」がおすすめです!

主食とはご飯、パン、麺類、イモ類などです。

他にも糖質の多い飲料や砂糖の入った

お菓子なども抜くようにしましょう。

主食が無いとなんだか物足りなく感じてしまいますよね?

そんな時は食後にフルーツなど、

身体に良い糖質を摂取すると良いですよ!

そして、タンパク質をしっかり摂るようにしましょう!

炭水化物抜きダイエットで食べて良いのは、

タンパク質や脂質が主成分の食品です。

高タンパクの豆腐や納豆などの大豆製品、

お肉や魚貝類、卵、脂質が多いチーズやナッツもOKです!

お肉はささみや胸肉などのヘルシーなお肉だけでなく、

脂たっぷりの霜降りの牛肉でもOKです!

脂が乗ったお魚ももちろんOKです!

むしろお魚の油は積極的に摂るようにしましょう。

結構いろいろな食材が食べられますよね。

これなら無理せずダイエットが出来そうですね!

炭水化物抜きダイエットは一歩間違えると体に悪影響化も!?

炭水化物抜きダイエット

ただ単に炭水化物を抜けば良いんでしょ?

簡単じゃん!と思っているあなた!要注意ですよ!

原理はとっても簡単なのですが、

単純に炭水化物を全部抜けば良いというものではありません。

もしも炭水化物を全部抜いてしまうと、

身体に負担がかかり、悪影響が出てしまいます。

炭水化物を抜きすぎてしまうと低血糖の状態になります。

低血糖の状態になると体の抵抗力が落ちたり

また極端な制限や、長期にわたって無理に続けていると、

体がふらふらしてしまったり、脳が働かなくなったり

日常生活に支障をきたすことも少なくないそうです。

実際に意識が朦朧としてしまい、

病院に担ぎ込まれてしまった例もあるようですよ。

炭水化物抜きダイエットは全部炭水化物を抜くのではなく、

減らしてみるようにしましょう。

「抜きすぎない」がポイントですよ!

まとめ

炭水化物ダイエットは一見簡単そうですが、

一歩間違えたら大変なことになってしまいます。

早く痩せたいからといって炭水化物を極端に抜きすぎず、

栄養バランスを考えながら正しい方法でダイエットしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする