知らなきゃヤバイ!?デスクワークで腰痛を引き起こす本当の原因

デスクワークをしているOLさん!

まだ若いのに腰が痛いなんて…。

なんだかおばさん臭くてみんなに言えないけど

実は腰痛に悩まされてはいませんか?

ここではデスクワークで腰痛を引き起こす原因と、

腰痛の予防法と改善法をご紹介していきます。

椅子に座り続けると何故腰痛になるの?

腰痛の発症率は、デスクワークの

お仕事をしている人に最も多いそうです。

でも、それは一体何故なのでしょうか?

実は長時間同じ姿勢で過ごすことによって

腰椎や腰周辺の筋肉へ負担がかかり、

血行不良をおこしてしまうからなんだとか!

それと、こんなデータがあります。

直立した時に椎間板にかかる負担を100だとします。

その場合の試算値がこちら!

仰臥(あおむけ)→25

側臥(よこむき)→75

お辞儀→150

前傾で物を持ち上げる→220

着席→140

座ってお辞儀→186

座って物を持ち上げる→275

びっくりしませんでしたか?

知らない人も多いかと思いますが、

実はまっすぐ立っている時のほうが

座っている時よりも負担が少ないんです!

座っているほうが楽な気がするのに…実は違っていたんですね!

それと、こんな姿勢をついついしてしまっていませんか?

力を抜いて背もたれに寄り掛かったり

足を組んだりほおづえをついたり、

猫背の姿勢になったり…心当たりありますか?

この姿勢は骨盤を不自然に傾けてしまったり、

循環機能に影響を及ぼしてしまうそうです。

特に注意していただきたのは、猫背です!

猫背は腰痛、肩こり以外にも内臓の機能障害

つながりやすくなってしまうそうです。

猫背の人って結構多いですよね?

体の不調につなげないためにも、

なるべく猫背にならないように意識して

お仕事に取り組んでいきましょう!

腰痛の予防法&改善法をご紹介!

腰痛 原因

腰痛の原因がわかったところで、

腰痛の予防法&改善法をご紹介していきます。

正しい姿勢で座る

正しい姿勢をマスターしましょう!

まずは背もたれとお尻がぴったりつくように座ります。

足を組んだり投げ出したりしてはいけません。

足のうらを地面につけるようにしましょう。

膝と腕は90度に曲げましょう。

顎を引いて正面にモニターがくるように調節しましょう。

この姿勢を意識して腰痛予防をしていきましょう。

こまめに腰を動かす、こまめに休憩する

正しい姿勢をマスターする事が出来ても、

長時間の同じ姿勢は腰に負担をかけてしまいます。

出来れば1時間おきに席を立ったり

腰をひねって軽くストレッチしたり、

なるべく腰を動かすようにしましょう!

入浴で腰痛を改善する

入浴することで血行促進効果が見込め、

腰痛の改善につながっていきます。

腰痛の改善につながる入浴法を紹介します。

40℃以下のぬるま湯にみぞおちあたりまで浸かり

10~30分半身浴をしましょう。

姿勢は後ろに倒し気味にします。

最後に肩まで軽く浸かり、湯船から出ます。

湯船から出たら45~50℃

熱めのシャワーをかけるとさらに効果が期待できます。

まとめ

腰痛になるのは本当に嫌ですよね。

私はOL時代、この方法と合わせて

腰痛対策のクッションを使っていました。

ネットで調べると可愛いクッションが

たくさんありますよ!是非見てみてください。

実践できることはなるべく実践し、

腰痛の予防と改善をしていきましょう!

そして気持ちよくお仕事をしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする