大人のいじめ、恥ずかしくないのか?

大人のいじめ、恥ずかしくないのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000085-jij-pol

パワハラ相談、最多更新=14.9%増、8万件超-18年度

最近は、〇〇ハラという言葉がたくさん使われるようになり、浸透しています。
その中でもパワハラはかなり有名ですよね。そのパワハラですが、厚生労働省が公表した地方労働局に寄せられた職場の問題の相談件数の中で過去最高を更新しました。

実際どんなことが起こっている?

パワハラとはいえ、一体どのようなことがパワハラだと感じているのでしょうか?
様々なパワハラを調べました。

『有給取ろうとしたら、まだ下っ端のくせに生意気だとか、他の作業に手を取られてるのに、自分が呼んだらすぐに駆けつけないと、やる気がなく態度がなってないと、平気で言う先輩がいてとても辛いです。』

『病院で働いていますが、先輩に死ねと言われた時にはショックよりも前に耳を疑いました。なんであなたが看護師になれたの?とも言われました。ちなみに、休憩室は人の悪口で大盛り上がりしています。』

『意外とパワハラしてくるのは、仕事がちゃんとできない人。いい加減な情報伝達や仕事で、わざと担当がミスするような引き継ぎをする。それで起こった担当のミスや不注意を「あなたの責任ですね?」と言い立てる。そうやって職場が機能しないようにする事ばかり力を注いでいる人がいます。きっと自分に能力がないから、周りの人の評価を下げるしかないんでしょうね。』

『新しくアルバイトを始めたばかりですが、ちゃんと仕事を教えてくれず、時間がかかってしまいます。そうすると「あなたのせいでみんな帰れないのよ。」と言われました。さらに、1人では出来ないような仕事量を押し付けてきます。さらに、残業代が出ない残業を数時間させられました。言いたいことは沢山ありますが、学生なので言えないです。ほかの学生さんは私が入ってすぐに辞めたので、前からパワハラが行われていて、私が身代わりになったのかもしれません。』

などの様々なパワハラがありました。中でも医療関係の仕事にはパワハラが多いようです。
しかしパワハラと言っていますが、内容は子供のいじめと変わらないような気がします。大人として恥ずかしくないのでしょうか…。

なぜパワハラ職場から逃げられないのか?

パワハラによって精神的に追い詰められているのなら、その職場をやめて転職すれば良いという考えもありますが、なぜそれをしないのかと言うと、日本の雇用の特徴に理由がありました。
日本は『年功序列』と『終身雇用』という特徴があります。『終身雇用』は入社したら定年までその会社で働き続けること。『年功序列』は、能力など関係なく会社に長くいればいるほど評価される仕組みです。(この仕組みがパワハラを生み出しているような気がします…。)
なので日本は他の国とは違い、転職にあまり良いイメージがありません。どんなに辛いパワハラにあって辞めたとしても、ほかの会社には「この人は長く続かないのでは」と思われてしまい、転職が難しくなることもあります。転職へのリスクを感じてしまい辞められないのです。

気持ちよく働ける社会へ

しかし、パワハラという言葉は最近よく使われるようになりましたが、パワハラは最近行われるようになったのでしょうか?
私は昔からあると思います。
2018年、パワハラ相談数は過去最多を更新しましたが、パワハラが増えていると捉えることもできますが、パワハラを相談する人が増えていると捉えることもできます。パワハラを受けている人が声を上げやすくなったのかも知れません。だとすると、パワハラ問題解決の第1歩を踏み出したことになります。
このまま大人として、大人のいじめ、パワハラを撲滅できればいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする