駐車場で20歳女性休憩中…突然車乗り込んできた男に体触られ財布盗まれる 28歳男逮捕

車の中の危険性、気を付けるべきこと

駐車場で20歳女性休憩中…突然車乗り込んできた男に体触られ財布盗まれる 28歳男逮捕

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00022887-tokaiv-soci

駐車場の車の中で買い物前や買い物後に休憩することもあるかと思います。その車の中に見ず知らずの人間が乗り込んできたとしたら。今回起こったこの事件は、いつでもどこでも起こりうる事件です。このような事件で被害者となりやすいのが女性ドライバー。加害者はさまざまな目的で女性を狙います。その目的は金品をうばうものであったり、または性的なものであったりという場合もあるでしょう。このような被害にあわないようにするための対策などを考えてみました。

一人で運転席にいる女性ドライバー

運転席に一人でいる女性ドライバー、駐車場はもちろんのこと交差点などにおける信号待ちといった車が駐停車している状況を考えてみたいと思います。助手席や後部座席のドアをいきなりあけられてしまうということがあるのでしょうか。逆に乗り込む側の立場になって考えてみるとわかりやすいと思うのですが、ドアロックがかかっていなければ簡単に乗り込むことはできるでしょう。

助手席側からの侵入は運転席から見やすい範囲ですので、場合によっては運転席側のドアから外に逃げ出すことは可能かもしれません。

後部座席の場合は侵入してくる状況を把握しづらくなります。いきなり車内に侵入してきた場合、女性ドライバーはパニックになり、逃げだすということができないかもしれません。

そこで侵入者が刃物などを持っていたとしたら。後部座席から運転席側のドライバーにあてられてしまうと、女性だけではなく男性でも対処は難しくなります。外に逃げ出すことさえできないでしょう。

侵入者の目的

いかなる理由であれ車内に勝手に侵入してくることは許されるものではありません。侵入するための強い目的がそこにはあり、犯罪とわかっていて行動する確信犯。何を目的にしているのでしょうか。

金品の強奪や性的欲求を満たすなど、いずれにしても身勝手な目的であることに間違いありません。問題は、車内という特別な環境におかれてしまうことです。刃物などをつきつけることによって、ドライバーはその場所から運転によって犯罪が行われやすいような場所へ移動させられてしまうこともありえます。

車内への無断侵入を防止するために

車内にいるとプライベート空間という感覚で安心してしまうこともあるでしょう。ただし、目的を持った侵入者を防ぐための対策をしていなければ、いとも簡単に自分が被害者になってしまう可能性のある空間ともいえます。

無断侵入を防ぐためにはやはりドアロックをしておくことが一番です。人が少ない場所で夜間に駐停車しなければならないような時はもちろんのこと、昼間の街中における運転の際もドアロックをしておく習慣が大切だと感じます。昼間の街中の交差点での信号待ち、そんなときに目的をもった侵入者にとってはチャンスとして待ち構えているかもしれません。

しっかりと身の安全を自分自身で守っていくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする