技能実習、宿泊業で制度変更 無試験で在留資格可能

労働人口減少による人材不足の現実

技能実習、宿泊業で制度変更 無試験で在留資格可能

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6323616

コンビニなどで店員などとして働く外国人労働者が増加しています。店員などとして採用され、ある程度の研修を受けた後に活躍しています。外国人労働者が日本で働く理由、そして実際に働いている状況などを振り返ってみたいと思います。令和の日本において、外国人労働者の仕事内容はどうなっていくのでしょうか。

日本で仕事をするということ

物価が安い地域では月々の収入も低いことが多いでしょう。日本で仕事をすることができれば、自分の国で働くよりも多くの収入が得られる可能性が高いのかもしれません。また、仕事をする上で、多くの知識や技術を得られるという期待もあります。さらに、仕事を通して日本語も習得できるチャンスもあるでしょう。

生まれ育った国を出て、日本で仕事を得るということに対して、多くの目標や夢をもって祖国から出てきているのではないでしょうか。

外国人労働者を雇う企業の目的

平成後半から令和にかけて、日本国内では人材不足が目立つようになっています。求人関連の企業も増え、多くの企業はなかなか思った通りの採用活動ができていない状況に困っているのではないでしょうか。

そこで、外国人労働者に働いてもらうことができれば・・・。

今後、日本国内では超高齢社会となり、労働者人口が激減するでしょう。65歳~70歳まで仕事をしなければならない時代が目の前にきているのかもしれません。ただし、働く意思や意欲を持っていたとしても、体力の問題などが残ります。

若い労働力を得るために、外国人労働者の存在はとても大切な存在となるでしょう。

外国人労働者の仕事の実態

日本で仕事をするという高い気持ちをもって祖国を出た外国人労働者。実際にコンビニなどで働いている姿を見ると、業務上の支障をきたすことのないレベルの日本語を使いこなし、笑顔で頑張っている姿が多く見られます。

日本に来る前に持っていた目標や夢に向かってしっかりと歩んでいるわけです。

ところが、中には日本人社員や日本人アルバイトが避けたがる危険・汚い・きつい業務を行ってくれる人員として外国人労働者を採用している場合もあるのでしょう。

そのような業務では継続勤務ができず、休みがちになったり急な退職者がでたりします。増加する外国人労働者の存在は、いつでも代替可能な人材として、大切にされていない実態もあるかもしれません。

魅力的な日本で仕事ができるという期待を胸に祖国を離れた外国人労働者。今後の日本では労働者を確保することがより厳しくなります。気持ちよく日本で仕事をしてもらためにも、国内における外国人労働者への対応の仕方を整備していくことは未来の日本のために必要なことだと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする