ゲーム依存の実態とは 現実逃避し、借金しても止められず

新たな現代病、あなたは大丈夫?

ゲーム依存の実態とは 現実逃避し、借金しても止められず

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000543-san-soci

インターネットを利用したパソコンやスマホ、タブレット。とても便利な世の中になっています。ちょっとわからないことはすぐに検索。本の注文や旅行の予約など、生活においてかなり便利な社会となっています。このすすんできたインターネット環境があらたな現代病を生み出してしまう可能性があるようです。なんだか、思い当たるふしがある方も多いのではないでしょうか。

スマホで手軽にゲーム、これが危ない!

人との待ち合わせ、通勤通学の移動中などでスマートフォンを利用している人は多くいます。SNSのチェック、音楽や動画鑑賞など、かなり便利なツールとなっています。中には、ゲームなどを楽しむなんて使い方をしている人も多いのではないでしょうか。

スマホではかなり多くの無料ゲームが提供されており、簡単に自分のスマホへインストールすることができます。無料ですから、いろいろと試してみて面白いゲームだけを残して、ほかのゲームはアンインストールした経験があるのではないでしょうか。

パソコンを使ったゲームや、専用のゲーム機を利用するのと違い、普段持ち歩くスマホでできるというのが、手軽でとても便利です。

手軽で、いつでもどこでもできるということは、学校や仕事中などでも隠れて楽しむことができるともいえます。

無料のゲームは無料ではない場合がある!

無料とアピールしているゲームは、もちろん無料でインストールをしてある程度楽しむことができます。ところが、やりこんでいくと課金をすることでより優位にゲーム内容を進めることができたりします。

無料である程度のレベルまでいったとき、これ以上は課金が必要になるのでやめておく方法もありますが、せっかくそのレベルまで来ているということで、すこしくらいは課金しながら楽しむという流れに陥ることがあるようです。

泥沼課金地獄への流れ

最初はある程度、課金を制限しながらゲームを楽しみますが、より高度なレベルになるとその課金頻度が上がる傾向にあるようです。そこまでいくともう途中でやめられない。今までの課金がもったいないという感覚になるのでしょう。どんどん課金しながら果てしない泥沼課金地獄へのみこまれてしまう場合もあります。

ゆとりのある範囲の金額から、借金をしてもという返済のあてがたたない課金地獄へ自ら入り込んでいってしまう事例もあります。

ゲーム依存症という現代病

課金をするとしないとにかかわらず、生活に悪影響を及ぼすレベルでゲームをしてしまう状況、これはゲーム依存症という現代病である可能性があります。学校や仕事に行けないだけでなく、すべてにおいてやる気がなく、ゲームをしている時だけが落ち着く。ネット環境があるため、そのゲーム内で知り合った人のみとのコミュニケーションしかできなくなり、現実世界から逃避してしまう。

新たな現代病として、ゲーム依存症が注目されはじめていますが、皆さんのまわり、またはみなさま自身がそのような傾向になりつつないでしょうか。

過ぎたるは及ばざるがごとし。便利なツールですが、使い方を誤ると大きなマイナスを生み出してしまうものになってしまうことに注意しなければなりませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする