いまどき「5月病」なんてない! 心の風邪は「ケチな飲み屋」でチェック

頑張りすぎないコツが長続きの秘訣?

いまどき「5月病」なんてない! 心の風邪は「ケチな飲み屋」でチェック

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00010000-nikkeisty-bus_all&p=1

しばらく休みが続く連休後、学校や仕事に戻ることは子どもから大人まで負担に感じることが多いでしょう。特に4月からスタートした新しい環境。1か月ほどたって、慣れてきたころにゴールデンウィークがやってきます。新しい環境に慣れるのには少なからずストレスを感じるはずです。その時期を乗り越え、ほっとしてしまうゴールデンウィーク。

このゴールデンウィーク明けに、気分が落ち込んでしまったり、体調がすぐれなかったりする状態に陥る人も多いのではないでしょうか。この状態を「5月病」という表現がされてきました。心の風邪なんてイメージです。

その5月病はいつ起こってもおかしくない状況が増えてきているようです。そこで、5月病ではなく、あくまでも心の風邪という言い方がされはじめているのかもしれません。

休み明けの倦怠感

一週間を頑張ってきて、やっとのんびりできるお休み。土日が休みの場合、気持ちの転換をしてリフレッシュ。また新たな一週間に備えるイメージなのですが、日曜日の夕方以降、憂鬱感がましてきた経験はないでしょうか。

サザエさん症候群なんて、サザエさんに失礼な表現なのですが、日曜日の夕方のテレビ番組をぼんやり見ていると、明日からまた学校、または仕事が始まるというどんよりとした気持ちがあふれ出てくることがあります。

また一週間が始まるのかと憂鬱な気持ちになってしまい、それがそのまま月曜日からの倦怠感につながっていくのです。

5月病、心の風邪の対策方法

5月病、現代の心の風邪にならないようにする対策方法はあるのでしょうか。5月病という言葉はかなり前からあります。その表現が5月だけではなく、いつでも起こりうる心の風邪なんて表現になってきているわけですから、その対策方法はないといってもいいのかもしれません。

ただし、そのような状態にならない人も多く存在します。心の風邪をひいてしまう人とそうではない人の違いはどこにあるのでしょうか?

仕事に対するとらえ方に大きな違いがあるような気がします。仕事は会社の指示通りに成果をあげなければならない場所というとらえ方が大きい人ほど、そのプレッシャーは強いのではないでしょうか。もちろん、その意欲は大切です。でも、その意欲を楽しんでいるのか、せざるを得ないととらえるのかで大きな違いが出てしまいます。

自分の学校や仕事のとらえ方を振り返ってみること

休みもいいけれど、学校や仕事が楽しいなんて言っている人もいます。そのような人々は単なる強がりで言っているのでしょうか?実際に学校生活や仕事を休み明けの月曜日からいきいきとしている人がいるはずです。

その人と自分との違いはどこにあるのでしょうか?とらえ方はそれぞれの自由、どのようにとらえてもいいのです。今の自分の生活を維持するために仕方なくやっているというところから、さまざまな経験にチャレンジできてラッキーくらいなとらえ方でもいいわけです。

自分を追い込むと苦しくなる

みんな頑張っているのだから、自分は弱い。もっともっと強くなって頑張らなくては。なんて感覚になってしまうとよりプレッシャーを感じてしまい、より休み明けが憂鬱になるような気がします。そのような状態では、うまくいくはずのことも失敗してしまう状況になりかねません。

今一度、自分の状況を振り返り、がんばらなければいけないという強迫観念に陥っていないかなど、見つめなおしてみることが大切かもしれません。解決策なんてないのかもしれません。でも、自身の物事のとらえ方に気づき、そのとらえ方にプラス発想の変化を加えてみてもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする