LINEも「ストーリー」開始。24時間で消えるタイムラインの動画

増え続けるLINE機能、それって必要?

LINEも「ストーリー」開始。24時間で消えるタイムラインの動画

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000087-impress-sci

スマートフォンに標準でインストールされていることの多いLINE。ほとんどの人が利用しているアプリです。文字によるやりとりはもちろんのこと、音声通話までできてしまうということで、世界中で利用されているといってもいいアプリです。この秀逸なアプリがどんどん機能が増えています。LINEの機能を十分に使いこなせていない自分としては、メッセージ機能とたまに音声通話機能を使うだけ。今回、新たに開始される「ストーリー」で何かが変わるのでしょうか?」

「ストーリー」という機能

簡単に「ストーリー」を説明すると、タイムラインに動画を投稿することで友達と共有することができることに加え、その動画が24時間で自動的に消えるという感じでしょうか。インスタグラムあたりで導入され、利用する人も多いようです。メッセージで動画を送信すると、その動画は自動的に時間がきて削除ということはできないということでしょう。

動画が時間によって自動的に消えるということに大きな意味はあるのでしょうか。長期的に残しておく必要のない動画を、今、見てもらいたいというニュース性の高いタイプの動画になるのかもしれません。

一方、長期保存や拡散は望まないものの、ちょっとだけ見てもらいたいなんて使い方もあるかもしれませんね。

「ストーリー」動画の拡散

パソコンでは簡単にディスプレイに表示されたものを録画することができます。LINEはパソコンでも利用できるようですから、「ストーリー」で表示された動画を保存することは簡単にできます。その動画をLINEやインスタグラムの「ストーリー」以外に投稿されれば、事実上拡散されることになります。

おそらく、スマートフォンなどでもその画面を録画できるアプリはあるかもしれません。

自分で撮影した動画をSNSなどでの何かに投稿することでその動画は確実に拡散される危険性があるということです。

友達などを対象に隠し撮りをし、面白半分に仲間内で共有する。ただし、あまり広まってしまうと困るので、24時間で消えてしまう「ストーリー」機能という考え方は成り立たないということです。

増え続ける機能

新たな機能がどんどん追加される秀逸アプリ。機能が増えれば増えるほどアプリのサイズが大きくなります。アプリサイズが大きいとスマートフォンへの負担も大きくなってしまい、そのスマートフォンの動作が不安定になってしまうこともあるでしょう。

LINEが機能を増やすことで、利用者の満足度は上がっていくのでしょうか?利用者が本当に必要としている機能が必要最小限で追加されればいいような気もします。

利用者側もリテラシーを高め、スマートフォンを利用する上でのルールや危険性を把握し、便利な道具として活用していく意識が必要なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする