体重計「地域設定」って意味あるの?仕組みをタニタに聞いた

日本国内で重さの表示が異なる?

体重計「地域設定」って意味あるの? →重力の違いで体重表示に影響が出るんです 仕組みをタニタに聞いた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000003-withnews-sci&p=2

最近の電子体重計には「地域設定」という設定があります。スマートフォンやタブレットPCなどのアプリで設定した経験のある人も多いと思いますが、なんと体重計にまで地域設定が必要だということに驚いてしまいます。確かにwifiでスマートフォンなどと接続して体重管理などができるものもありますが、その機能を使わない場合でも地域設定が必要である理由に感動、科学ですね。

重力差、遠心力の差

地球の自転によって地軸からの垂直距離が離れているほど、自転速度は速くなります。地球に引き付けられる重力に対して、地球から離れようとする重力と逆の力が赤道に近くなるほど大きくなるというのです。確かに!言われてみれば納得です。つまり、赤道に近いほど重力は小さくなるなんて感覚でもいいのかもしれません。

重力差、遠心力の差の影響

日本国内だけで考えると北海道と沖縄では、沖縄の方が赤道に近く、それだけ北海道での重さの表示と比べて軽く表示されるということ。最近の電子体重計は精密に重さを測りとることができますので、実際の重さよりも沖縄では軽く表示されてしまうということです。その差を補正するために電子体重計の「地域設定」が必要だということなのです。同じ体重でも100gちょっとの差が出てしまいます。その体重における誤差のレベルなんてどうでもいいような気がしますが、やはり健康のことも考えるとより正確な体重表記がいいということなのでしょう。

電子体重計以外で考えられる影響

インターネットの発達は、ショッピングをグローバル化させています。国内でも全国の商品を手軽に購入できます。例えば北海道のお肉を沖縄で注文します。500gのお肉を注文した際に、注文を受けた北海道で正確に測り取った500gのお肉を沖縄へ送付した場合、沖縄でその重さを測り取ると、若干軽く表示されてしまうということ。対した差はないのでしょうが、業務用などで多くの商品のやり取りがあると、その差は無視できないレベルになるのかもしれません。

体重測定も北海道より沖縄で行った方が軽く表示されるということ、なんだかどうでもいいような話ですが、どうでもよくない人々もいるはずです。

より正確な重量表示のために

重さの計測がかなり精度が上がる電子体重計、電子秤も同様ですが、より正確に重さを計測するためにも「地域設定」は大切な設定なのです。北海道で発信された料理のレシピを、インターネットを通じて沖縄で調理する。すべての重さが軽く表示されてしまうため、沖縄ではより多くの調味料を入れてしまうなんてこともあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする