本当にお客様は神様なのか…?客の「迷惑行為」驚愕の最新事例

お客様は神様?こんな人にはなりたくない!最新事例

〜本当にお客様は神様なのか…?客の「迷惑行為」驚愕の最新事例〜
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190507-00064424-gendaibiz-bus_all

お客様は神様は、もう昔の言葉なのでしょうか。
最近では、店員の縦横無尽な姿がSNSで話題になり、問題になりました。

反対にお客の立場も、最近はクレーマー、パワハラなど色々と問題化しているようです。

客なら何をしても許されるんでしょうか?
そうではありませんよね。

お客であったとしても、最低限のマナーがあるはずです。

ここでは、こんな人もいるの?という最新の事例を紹介します。
こんな人にはならないように、私達も気をつけたいですね。

〜靴下を5日履いたら穴開いた!タダで代えなさい!?〜

あるデパートでは、靴下を購入した男性が、靴下を5日履いただけで穴が開くなんて不良品だ!
すぐに交換しろ!と言ってきたそうです。

店員が見ると、5日しか履いてないとは思えないほどヨレヨレな靴下だったとか。。

男性は怒り狂って、しつこく言い寄ってきたため、店員はやむなく靴下1足と交換したのだとか。

本当に5日しか履いてないにしても、一度買って、使用したものを、交換しろなんてどうなのかと思いますよね。

それならば、パンを買って、5日で食べてなくなったから交換してくれと言ってるのと変わらなくないですか?

話はちょっと違いますが、このお客が言わんとしてることは、それに匹敵するくらい理不尽ということです。

穴が開かない靴下として売られてたならまだしも、普通の靴下をどんな生活環境かわかりませんが、強引に履いたりしていたら、そりゃあ穴も開きますよね。

自分が何かを利用する時も、理不尽な要求などをする客にならないよう気をつけたいですね。

〜髪が1センチ短い!?美容院でのありえないお客に遭遇〜

ある美容院で、髪を切った女性。
いざ髪を切り終わると、とっさに、
「自分の希望した髪より1センチも短い!!」
と、怒鳴りだしたそうです。

店長も呼んで、お金を返金すると言われても、その女性の怒りは収まらず、挙げ句の果ては店に8時間以上も居座り、オーナーまで呼びつけたんだとか。

それで、最終的には何とか納得して帰ったという女性。

このような人は、自分が他の人達より優位に立つことにより快感を得るのが目的なんだそうです。

もはや、クレームじゃありませんね。

何に対して不満なのかわかりませんが、ある一部の現代人は、こうしたことによって、自分の中のストレスを発散しているのでしょう。

なんとも、皮肉というか哀れというか。。

自分だけは大丈夫だと思っていても、日常の中で、ふとした時に自分自身がクレーマーになってしまうかもしれません。

人にされたくないことは、自分自身もしないこと。

人として最低限のマナーなのに、それができてない人が多いんですね。

〜まとめ〜

お店を利用する側も、ある程度は、人として気持ちのよい利用の仕方というものがありますよね。

こちらはお客だからと、横柄に振る舞っていいわけじゃないんです。

利用する側も、される側もお互いが気持ちのいい付き合い方ができるよう、私達ももう一度、自分の行動を見直してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする