最強6選!静電気除去シートのラインナップと使い方をマスター!

冬の時期になると悩まされるのが、静電気ですよね。ドアノブに触れる時にドキドキしながら触っています。また、静電気で髪が広がりまとまりにくくなるのも、嫌ですよね。
これから、家庭でも使用できる静電気除去シートをいくつかご紹介していきます。
<静電気除去シートの仕組み>
静電気除去シートはアースの入り口になっており、体に溜まった電気を流す仕組みになっています。この静電気除去シートは穏やかに電気を流してくれるため、触ってもパチっとなることなく、電気を外に流すことができます。
<静電気除去シートのラインナップ>
① 「パチカット」
大小2枚の除去シートが入っており、ドアノブ等 静電気が起こる場所の近くに貼り、金属に触る前、シートに触れるだけです。平面でしたらどこにでも貼ることができます。
② 「スパークガード」
こちらも、金属の近くに貼り触れる前に触り電気を除去するものです。
大きいサイズと小さいサイズが別々に売られているので、お好みで購入してください。
③ 「静電気衝撃防止ハイテクラバー ぷるるん」
マグネットタイプの静電気除去シートです。黒丸のニコちゃんマークで、可愛いため女性の方には嬉しいですね。こちらも、小さくコンパクトなので狭い場所にも貼りやすくデザインが可愛いので、見栄えもいいです。
④ 「パチパチクリアシート」
除去したい金属に貼り付けて使います。こちらも、サイズが小さめで狭い場所にも貼れます。
⑤ 「ぴタッチ」
三角の形の除去シートです。コロナ放電で、+または-に帯電した物体の静電気を、+または-の逆の電荷を発生して中和する仕組みです。こちらも、除去したい場所に貼って、触る前に触れるだけです。
⑥ 「スパークガード マグネット」
マグネットタイプの除去シートです。サイズは小さめなので、狭い場所に貼りたい方にオススメです。

通勤前の5分でできる静電気の除去方法

次に、朝の忙しい時間の合間でもできる、簡単な除去方法をご紹介致します。
① ハンドクリームを塗る
乾燥した手でものを触ると静電気は発生しやすくなります。ですから、ハンドクリームを塗って手を保湿させるのも効果的です。
② 髪のブラシをかえる
天然素材の静電気除去ができるブラシも売られています。プラスチックのブラシは摩擦により電気を溜め込んでしまいます。ですから、天然素材の豚毛や木製のブラシに変えると防止できます。
③ 静電気防止スプレーを使う
寒い日にセーターなど着たい服があると思います。そんな時には、静電気防止スプレーをかけて静電気対策をしてください。

静電気が除去できて、髪の毛も保護できるお得のワザとは?

① 寝る時にナイトキャップをかぶる
寝ている時の頭皮や髪へのダメージを減らすだけでなく、保湿効果もあるため静電気発生の対策になります。
② 保湿効果の高いシャンプーに変える
③ ヘアオイル、洗い流さないトリートメントを使用する
乾燥を防ぐため、髪へのダメージを抑え枝毛や切れ毛も防ぎます。また、髪のパサつきもなくなるため、髪が広がらずまとまりやすくなります。つけすぎると逆にベタついてしまうため、適量を使用してください。

まとめ

静電気は一瞬起こるだけのものですが、よく触るものだとその度に痛い思いをしてストレスにもなりますよね。特に髪の静電気は髪がまとまらず、朝の忙しい時はイライラすることもあります。そんな日々のストレスを、これらの方法で減らしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする