風邪のときは食べ物を食べたほうがいい?!おすすめのメニューとは

風邪を引いた時は無理に食べない方が良いという説もありますが、免疫力を高めるために体温を上げた方が良いためや、
汗をかいて塩分不足におちいらないようにするため、食べ物で補いたい事も体に起こっていたりするので、無理をしないよう食べた方が良いといわれます。
あくまでも無理をしない程度ですが。
無理をしてるようですんなり食べれる「うどん」。
風邪の時の定番となっているこのメニューの理由や、症状別のオススメメニューなど探って行きます。

風邪の時の定番食べ物のうどんには理由があった

風の時の食べ物は消化が良いという点から炭水化物が良いと言われています。
エネルギーにもなりますからね。
そしてうどんは小麦粉、水、塩のみという点でも風邪の時は最良の食べ物です。
中華麺のかんすいも胃を刺激する事で知られてますし、あまりオススメ出来ない卵などがつなぎに使われていたりもします。 とにかくかんすいが使われている時点で中華麺はオススメ出来ません。
そして日本そばのそば粉は比較的消化は良いとされてますが、こちらも卵のほかに、山いも、海草、茶葉などがつなぎで使われているケースもあります。

卵がなぜダメか、体調が弱っている時にサルモネラ菌の影響を受ける心配があります。
消化がよくない海草、茶葉などはもってのほか。
という中華麺、日本そばと比べたら、
うどんは先程も書いたよう小麦粉、水、塩のみという安心な原材料でしか作られてません。

健康時と同じようにねぎ、わかめなどトッピングしたいかもしれませんが、最強はうどんとお出汁のみの素うどんです。

体調が良くなるまで素うどんでガマンすればとにかくエネルギーもついて最強の食材と言えます。

風邪の症状何個当てはまるかチェックてみよう

消化の良いうどんでエネルギーを補給しながら体調を整えるのは述べたとおり、症状別にオススメの食材もあります。うどんと合わせてそちらも補給すると、より風邪を早く治す事につながります。

熱がある時はやわらかく味も濃く、消化が良いものが最適でうどんももちろん良いですが、発熱時は噛む、飲み込むが辛いです。のでゼリーなどもオススメです。
更によりほてっている時はアイスもオススメなのです。特にバニラなど乳固形分が使われている物はタンパク質、ビタミンの補給にもなりますし、何より熱をクールダウンさせてくれます。

そして、実は温めた方が良いと言われるのどの傷みがある時、せきが出る時も炎症が起こっているレベルの時は何がのどを通ってもつらいのでオススメです。
ただしかえって刺激になりせき込んだりするような時は控えましょう。
基本的にのどが痛いときはハチミツ、しょうがなどが良いので、それらが含まれたドリンクなどがオススメです。

お腹をこわしている時はりんごがオススメです。吐き気があり、全く食欲がわかない時はとにかく脱水症状にならないよう徹底して水分補給し、吐き気がおさまればやはりうどんやお粥など消化が良い物で栄養をたくわえましょう。 
もちろん消化が悪いからやめようと紹介した、ねぎ、わかめなどは控え、飲み物を補給する場合も、カフェインなど胃の刺激になるようなものはさけましょう。

まとめ

風邪の時、食べ物は無理をしない程度で、栄養、水分補給をする事が大事です。
お腹に明らかな症状がある、なしに関わらず、弱っている事が多いので消化の良いものが基本で、熱のある時のクールダウンを目的にした物を摂る時も、お腹をこわさないよう意識しながら冷やし過ぎないよう注意が必要です。
そして徐々に体調と相談しながら、本来の食事に徐々に戻しながら、「病は気から」の点でも風邪を克服していけたら良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする