いちご鼻改善はタイプ別に異なる!自分のタイプを知り正しいケアを

いちご鼻でお悩みではありませんか? 気になりだしたら悪循環で悪化する人も多いこのいちご鼻。
ただ取れば良いという事でかえって悪化させてるケースも見受けられます。
悪化させないためには自分のいちご鼻の原因をさぐる、知る事から始め、どのように対処すればいいかを知りましょう。
原因としては、
・毛穴が開いてしまっているため黒く見える。
・化粧が毛穴につまっている。
・皮脂や角質がつまって角栓となっている。
等があります。化粧が詰まっている場合はメイク落としでの洗い方が不十分でないか、
ちゃんと泡で包むように洗えてないかなど確認して改善出来るかもしれません。
どんな原因も、毛穴の中での酸化が原因となってます。
酵素洗顔で、酸化したものを中和してあげて下さい。お店で「酵素が配合された洗顔料はどれですか?」
と聞けば教えてくれます。そしてそのためには毛穴を開いて石けんの泡を浸透させる必要がありますが、
ここから洗顔で最低限してほしいぬるま湯洗顔を説明します。

いちご鼻にはぬるま湯でゆっくり洗顔が有効

洗顔の基本、特に毛穴のつまりを取るためにはぬるま湯で洗う事が必須です。
筆者はしっかり洗顔は夜寝る前に行うのが最善と考えます。
いちご鼻の原因となる、皮脂も角質も、必要なものです。皮脂もうるおいを与えるために分泌され、角質は皮膚を守る役目があります。
皮脂も夜分泌されたものは皮膚に必要な潤いを与えるちょうど良い量で、過剰と思われるほど、テカるほどのものは、朝水(ぬるま湯)のみで洗えば良いと考えます。
蒸しタオルで蒸すのがより毛穴を開かせますが、入浴中は湯気で自然に蒸されたのに近い状態になるし、シャワーで済ます場合も顔にかけながら蒸らしてから始めるのがベスト。
30歳も超え、子供も出来、仕事をしていたりで時間の無い方などは夜の入浴のついでな感じで楽ですね。

夜どうしてもしっっかり洗えなかった場合は朝の洗顔を蒸しタオルを使って行いましょう。
蒸しタオルの作り方はポリ袋やラップに、塗らしたタオルを包んで電子レンジで30秒も加熱すれば蒸しタオルの完成です。

いちご鼻にオロナインパックが効きすぎる訳


オロナインはあまり刺激の無いクロルヘキシジングルコン酸という成分と、オリーブ油が入っており、それらの力で汚れを溶かしてくれるため、いちご鼻に効果絶大です。
先に言っておけば、どうしても今すぐキレイに見せたい勝負時! という日にしかしない事をオススメします。
根本から治すやり方ではなく、強引に除去する方法は角栓は取れると同時にいちご鼻になりやすい開き毛穴にもなりやすいし、必要な分の皮脂、角質を作らなければと過剰に分泌されて酸化してしまうという事にもつながります。
某メーカーの毛穴スッキリパックもそうです。勝負時にだけしてあげて下さい。
角栓の除去をした後は乳液、化粧水などで保湿し、冷水で洗ってひきしめる事が大事です。

まとめ

いちご鼻の原因は角栓や、化粧が詰まって酸化したものがほとんど。
毛穴の開きが原因の場合はもしかしたら過去に黒ずみを取りたいと除去を頻繁に行ってはいないか思いあたるのであればもう止めて、汚れをぬるま湯と酵素で溶かすようにやさしく洗う習慣をつけて下さい。
除去をした場合はかならず化粧水、乳液による保湿と、冷水でのひきしめを行って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする