花言葉で感謝の気持ちを伝えよう!尊敬する人に贈るおすすめの言葉

「父の日のプレゼント何にしよう…」

「普段憎まれ口ばっかりだからこそ、いつも言えない気持ちを花言葉に込めて送りたい!」

こんなお悩みありませんか?
自分を育ててくれた親。感謝はもちろんしてるけど、普段から気持ちを伝えるのって少し照れ臭いですよね。

しかし心の中だけで思っているだけでは、相手に伝わりません。たまには感謝の気持ちを表現してみませんか?

今回は花言葉で感謝の気持ちを伝えたい時のおすすめのお花を紹介しますね。

言葉で感謝を伝えるにはありがとうの花言葉を探す

まず花言葉の起源を知っていますか?
色んな説がありますが、発祥は17世紀頃のトルコで恋人への贈り物として「花に思いを託して恋人に贈る風習」があったそうです。
そこから世界に広がっていったので、同じ花でも色々花言葉があり、色によっても意味が違う場合もあります。

感謝の意味を持つ花は色々あり、母の日におくるカーネーションなどスイートピー、ダリアやかすみ草です。
バラも色によりさまざまな意味を持ち、赤いバラは、感謝、愛情、情熱、ピンクのバラは感謝・上品・幸せ、そして白いバラには、純粋・深い尊敬という花言葉の意味があります。

私のイチオシはトルコキキョウです。
花言葉は「贈る相手の深い愛・美しい心を称える」という意味があり、愛情や感謝を表す時によく使われている花です。結婚式のブーケでも見たことあると思います。
色も色々ありますし、バラのような豪華な花びらが目を引き、花持ちもいいのでおすすめですよ。

花言葉で感謝を伝える父の日の贈り物

好きな花を決めたところで、父の日に送るのはどういった形にするか決めましょう。

花にもよりますが、花をプレゼントする時は花束や鉢植えなど色々選択肢があります。
あまり花に詳しくないと悩んでしまいますよね。

ブリザーブドフラワーは知っていますか?
ブリザーブドフラワーとは生花を加工してあり、長く楽しめる花なんですよ。

生花だともらってから水を替えてあげたりなど、もらった側がお世話をしないといけませんよね。
マメな方ならいいですが、お忙しいお父さんならお手入れ不要のブリザーブドフラワーをおすすめします。

しかし、生花はブリザーブドフラワーより手間はかかり楽しめる期間は短いですが、香りで楽しませてくれる利点もあります。

悩んだら花屋さんに行って実物をみたり、店員さんに相談してみるのもいいですよ。

そして花言葉を伝えたいなら、メッセージカードをつけてみるのはどうですか?

私もお花をもらったことはありますが、なかなか花言葉まで調べることはなく「お花のプレゼント嬉しい!」で終わってしまうかもしれません。
「花言葉は〇〇です」という一言や、恥ずかしければ「花言葉調べてみてね」と書いてみてもいいですね。

花言葉に込めた思いが伝わらないのは勿体ないです。
わざわざ言わなくても気付いてくれるかもしれませんが、念押ししましょう。

まとめ

花は見た目や香りも魅力的ですが、花に詳しくないとなかなか手がでないかもしれません。
しかし、私も花を送ったり貰ったりしたことありますが、花は送る側も勿論貰う側も幸せにしてくれますよ。

普段照れ臭くて言えない身内だからこそ、たまには感謝を花言葉に込めてプレゼントすると、絶対喜んでくれること間違いなしです。

花言葉をプレゼント、応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする