30代から始めるメイクナチュラルに決めるモテる目元メイクのやり方

メイクを始めた頃は、新しい色、キレイな色が楽しくて、
いろいろなメイクを試してきたみなさん。

30歳を過ぎると、特に35歳を過ぎる頃には、
「アレ?」と感じることが増えてくるはずです。

肌の色や質感が変わってくるので、「どんな色でも合う」
というわけにはいかなくなってくるのです。

だからこそ、自分だけの、自分に似合うメイクを。
特に印象を左右する「目元」の、30代ならではのメイクを、いろいろ調べてみました。

メイクをナチュラルにキメる一重まぶた対策

美容雑誌を見ても、まぶたは二重さんばっかり・・・。
アイプチで一重を二重にしている人もいますよね。

でも私は面倒なので、一重のまま出歩いています。
アイメイクで外せないカラーは
「ゴールド、またはパール入りベージュ」。

だって、まぶたが腫れぼったいから。
年齢が上がると、まぶたの面積が増えた気がします。
重力に負けてたるんでくるのでしょう(残念!)

元からまぶたの面積が広くて、しかも私のまぶたは赤みを帯びているので、まず赤み消しを兼ねてベースカラーとしてベージュやゴールドが必要なんです。

「一重はクールな色が似合う」とよく言われますが、
年齢が上がってくると紫や青とか緑とか塗りづらい。
肌のハリ、白さ、きめ細かさ、そして「大人の落ち着き」が、
似合わなくさせているのかも知れません。

まして今はナチュラルメイクが主流なので、ますますハデにクッキリ色は塗りたくない。

なので、一重がナチュラルに見せたいなら、まず華やかで
肌色になじむベージュやゴールドをまぶたに。

その上で、ちょっと立体感を出すためにグレーなどを目尻に乗せたり、アイホールのくぼみ、特に目頭に乗せたりすると、
自然な影がでていい感じに。

グレーもちょっとくすんで影が出てくる30代以降に
似合う色なんです。

ただ、あんまり濃い、べったりした色ではなく、
パール入りだったり艶めいていたりするような、まるで
「肌そのものが、角度によって色を帯びて輝く」ような、
そんな質感を選びましょう。

こちらは元ブライダルプランナーの方の丁寧な解説ですのでご参考に。

【30代向け!】一重まぶたの女性にピッタリのナチュラルメイク
LoveMatchLife
https://lovematch-life.net/makeup-surgery/30s-single-eyelid.html

メイクをナチュラルにキメるアイシャドウのやり方

アイシャドウの質感は、先述のような「色っぽい」路線で
選んでいただくとして・・・。

あとは、色ですね。
濃い色でも、つける場所を目尻に限定すれば、
一見ぎょっとするようなビビットな色でもかわいくなります。
意外とタブーはありません。
これはもう、数多くの美容雑誌やサイトを見たことのある
皆さんならご存じですよね。
幅広い年代に通用するメイクなら、やはり「美的」は
鉄板ですよね。

カラーアイシャドウのおすすめと塗り方
美的.com
https://www.biteki.com/make-up/make-up-face-catalog/336279

こんなに色や塗り方を丁寧に説明してくれているのですから、あえてこう提案します。
「メイクお休みの日」を作りましょう!と。

アイシャドウのコツは、今も昔もあまり変わらないように
思います。
それは、

「塗り過ぎ厳禁」

です。

同じメイクをしていると、どうしても見慣れてしまうため、
物足りなく感じてつい上塗りしてしまいます。
たとえ薄づきな色や質感でも、何度も塗ったらダメです。
ナチュラルを目指すなら尚更のこと。
周りの人から見たら、濃く見えますからね。

私もつい、薄いベージュだからと重ねすぎて、
まぶたがペカッと発光しているようになって、
かえって腫れぼったさが倍増して見えた・・・なんてことがあります。

周りの人はきっと「こいつ光りすぎ」と思いながらも、
注意できなかったと思います・・・(汗)

それでも(遅まきながら)自分で気づけたのは、
「メイクお休みの日」があったから。

休日でも外出する際はメイクを欠かせない・・・という人は、
意識して「メイク休み」を作った方がいいです。
「すっぴんになれ」ということではなく、
ある日はアイラインだけ休み、
別の日はアイシャドウだけ休み、
また別の日はファンデーションをパウダーだけにする・・・といった感じです。

ご近所散歩の時でなく、あえて「お出かけ」する時に、
ちょっと怖いかもしれませんが、やってみて下さい。

自分のメイクの濃さ加減、「力み」具合が、けっこうハッキリと分かります。

さらに、自分の素肌状態も・・・。
ファンデーションをパウダーに変えると、明らかに肌がくすんで見えませんか?
そんな時、アイシャドウをつけるのも少しためらってしまいます。
「普段こんなに塗りたくっているの?」と。

そんな感じでためらいながら、控えめにつけたアイシャドウ。
それがその人だけの「ナチュラルな感じ」ではないでしょうか。

まとめ

ナチュラルを「作りこむ」のは、けっこう技術が必要です。しかも作りこめば作りこむほど、ナチュラルからかけ離れた、
不自然なものになります。

それに、自分に似合うメイクがナチュラルとも限りません。
強い色をガッツリ使う方が自分らしい!という人も
いて当然です。
結局は「自分がどうありたいか」、それがメイクです。
年齢に関係なく、自分が「アガる」メイクを楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする