意外と知らない!?お餅を正月になぜ食べるのかを検証してみた

お正月も終わり、日常の生活も落ち着いてきた頃…。旧年と何もかわらず
すんなりと戻ることが出来ましたか?

女性にとってはとても危険で、油断するとあっという間に大変な事が起きてしまう。
それは…お正月太り!

催事などのお祝いの席には必ず出てくるお餅。
お正月になると鏡餅を筆頭に雑煮に入れてと食べているのですが、なかなか完食出来ず。

毎年いつものごとく沢山の切り餅が残ってしまいます。

何とかそれを消費しようと冬休みの間、朝御飯やおやつに焼き餅と食卓に出していると、
「ママまたお餅?お正月ってお餅ばかりだよね?何でなの?」

って疑問に思った子供達に聞かれたことないでしょうか。
毎年の習慣になっているだけで意外に知らないお餅を食べる意味とは!?

子供の疑問にも答えれるようにちょっと調べてみました。

お餅を正月に食べる意味とは

お正月にお餅の由来を遡って見たところ、その諸説は色々とありました。
まず1つ目ですが、平安時代からの正月行事の三が日に硬い食べ物を食べて長寿を願う儀式があったようです。

昔の人は歯を丈夫にすれば長生きできると考えていたようで、硬いものを食べて、
歯を丈夫にしようとしたらしく、これを「歯固めの儀」と呼んでいます。

だからでしょうかね?
昔の人々は「歯を丈夫にしよう!」という願いが込めて歯固めの儀に餅を餅を食べており、その風習が今なお語り継がれてるようです。

二つ目として、民俗学的には「ハレの日」と「ケの日」という考え方があげられてきます。

でも、ハレの日?ケの日ってなに?と思われますよね。
そもそも「ハレ」と「ケ」は節目を指す考え方で、漢字では「晴れ」「褻」と書きます。

そしてハレは非日常、ケは日常という意味を表しており、晴れ着などの語源はここからきてるということです。

昔の人は、ハレの日にいつもと違う食べ物や食器、服を纏って気持ちを新たにしていた風習が今なお続いているんですね。

お正月にお餅を食べることは普段口にしないものを食べることで、気持ちを切り替える意味があったんですね。

だからお食い初めにはお赤飯雛祭りには菱餅とある程度決まった料理が出でくるのかもしれません。

参考 流行ニュース速報発信局 https://xn--olsz30coxt6eh.com/749.html

お餅を正月にみんなで食べるアイディアレシピ

しかしハレの日にしか口にしないとはいえ、雑煮や焼き餅にぜんざいと口にするお餅のバリエーションにも限界があるし、こう毎日出されると飽きてきませんか?

折角みんなで集まり食卓につくお正月。それなのに飽きてしまってはおいしくも感じられません。こんなにも親戚一同で食事する機会なんて滅多にないのですからおいしくご飯を食べたいですよね?

そこでみんなでワイワイ食べれるお餅をつかったお料理をご紹介します。

① ミニタラコもちピザ
お持ちで余りやすい丸餅を使ったレシピです。作り方はとても簡単♪

たらこは薄皮から出して、マヨネーズを混ぜる。
フライパンに油を入れて熱し、まる餅と水を加えすぐに蓋をしてやわらかくなるまで
3~4分ほど弱火で蒸しちゃいます。

餅がやわらかくなれば裏返して”たらこマヨに1/4に切ったチーズ、小ねぎをのせてチーズがとろけるまで蓋をして加熱するだけ!

出来たら皿に取り出して刻みのりやネギをを散らして完成です。

② もち入りすき焼き
冬の定番お鍋は鍋でもすき焼きで!甘辛い煮汁が餅にシュンでたまらない♪

こちらは余りやすい餅の王さま切り餅を使用。
食材は食べやすい大きさに切って、鍋にはすき焼きのたれを入れる。

ひと煮立ちした所に野菜や餅、肉をを加え火が通ったら溶いた卵につけて食べるだけ!
大人数で食卓を囲む際はみんながつつけて、簡単に作れるレシピが最高だと思います。

参考 サトウ食品 http://www.satosyokuhin.co.jp/

最後に

たかがお餅、されどお餅。
使い方次第ではとてもアレンジの利く食材のようで和洋中の全てで使用したお料理がのレシピがインターネットにあげられていました。

ですので多少お餅の在庫が多くても大丈夫!
みんなでも一人でも、おいしく出来るお餅のお料理、ぜひ探して見つけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする