周りに聞けない『自分の子供にお年玉をいつまであげてるか?』

新年も明け世話しなかった挨拶なども落ち着き、仕事や学校なども始まりましたね。
やっといつもの日常に戻ってきた頃でしょうか?

今年のお正月は週末の兼ね合いもあり長い休暇となりました。
そしてお正月と言えば大人は家計の負担に涙し、子供達は楽しみである「お年玉」があります♪

やんちゃな子供達やちょっと反抗期な子も元旦の朝はそわそわとしながらお手伝いしたり、食卓についていたりしてませんでしたか?

そこで気になる点が1つ。今子供が小さいこともあり何気なく渡しているお年玉ですが、年頃の高校を卒業した子供達ってどうされていますか?

大学生や専門学生?それともすでに社会人?
18歳という年齢はあげるべきなのか、それとも終わりにすべきなのか…とても難しく、曖昧なラインではないでしょうか。

そこで世間の方はどうしているのか?気になるけど、聞けないお家のお年玉事情について調べてみました!

子供へのお年玉をやめた時期で多いのは?

一般的にですと、お年玉を上げる時期として5歳から高校生までとされているようです。

しかし家庭によっては生まれたばかりの赤ちゃんの頃から渡していたり、また高校卒業後大学に進学となるとまだ学生の部類に入るからと継続して渡したりと様々です。

実際取り止めた時期で一番多かったのはいつなのか?アンケート調査が出ていましたのでそちらを参照してみましょう。

⚫お年玉はいつまでもら(あた)えるべきと思うか?

高校生まで 49.6%
短大・大学・専門学校生まで 18.4%
社会人になるまで 18.4%
の3つが上位を絞めていました。

やはり高校生までというのが1つの節目になるようですね。

義務教育ではありませんがまだまだ未成年の学生です。本文の学業に部活動と勤しんでいたりまたアルバイトをする人もいるかとは思いますが、稼ぐ金額は微々たるものです。

しかし高校生となるとおしゃれをしたり友達と遊びに行く機会も増え、欲しいものにしたいこともたくさん出てくるかと思います。

そういった高校生にとってお年玉と言うのはとても大切なお金であり収入源です。
ですので、貰った時のありがたみやお金の大切さというものが十分に理解出来るかとおもいます。

そのような状況を踏まえて、高校生まではお年玉をあげるという意見が多かったようです。

参考 @dime https://dime.jp/genre/649575/
かしこさのネタ https://sk-utorix2.com/3670.html

子供へのお年玉を貯金していずれは…

そしてこちらも気になるところ…。
子供にもらったお年玉はどうされてますか?

全額貯金?それとも子供に任せる?これもまた悩むところではないでしょうか。

小さい頃ならまだしも、小学校高学年位になるとお金の価値もそこそこに判る頃なのでどうするべきか考えるポイントですよね。

私も子供が小さい頃は全額貯金と思って大人になったら渡そうかと思いましたが、これで本当にいいのかなと疑問も出てきました。

子供がもらえるまでに獲得するお年玉の金額ってどのぐらいなのでしょう?
単純に計算してみると、一般的に貰える時期の小学1年生から高校生までに12回あり、
それを学年毎の平均金額で両親に祖父母と叔母に叔父と5組から貰えるものとし考えてみますと、

⚫小学生低学年1~3年生 2000円×5組×3年
⚫小学生高学年4~6年生 3000円×5組×3年
⚫中学生 5000円×5組×3年
⚫高校生 10000円×5組×3年

合計しても30万程です。
そう思うと全額没収して子供の好きなように出来ないし、残念がられるのも可哀想かな?

最後に

今では考え方も変わりつつあるようで子供にお金の大切さを学ばすためにあえて子供に預ける親も増えてきているようです。

確かにお金の管理は学校が教えてくれるものではなく、自然に色々なものを経験して身に付いて行くものだと思い返しました。

無駄遣いをして後悔したり、お金を落としてしまうなど小さなミスを経験し、積み重ねることでお金の大切さや正しい金銭感覚が養われて行くのかもしれませんね。

参考 AERA dot. https://dot.asahi.com/dot/2018122700156.html?page=3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする