船橋大神宮はどう行くのがベスト?交通手段別アクセス法

正式名意富比神社(おおひじんじゃ) と言い、千葉県船橋市にある大きな神社です。
式内社で旧社格は県社になり、通称は船橋大神宮(ふなばしだいじんぐう)と
呼ばれいて、地元の船場市民に親しまれています。

船橋大神宮へは京成電車の大神宮下(だいじんぐうした)駅が近いです。
駅から北へ歩くとすぐに船橋大神宮の鳥居が見え、
大神宮入口の鳥居まで徒歩3分ととても近いです♪

京成船橋駅やJR船橋駅からも歩くことはできますが、10〜15分程かかります。

また車では 京葉道路 船橋ICまたは花輪ICから7分
駐車場は境内にも止める場所はありますよ!

参考 4travel https://4travel.jp/travelogue/10626529

知らないと損!?船橋大神宮のおすすめ駐車場はここを抑えろ!

無料駐車場が70台ほどあるので車で行っても安心。
と思いましたがそうではないようで七五三などの
シーズンになると混雑することもあるようです。

普段の平日ですと悠々と止めれるようですが場所が少し分かりにくく、
大神宮下駅から船橋大神宮に向かって進むと
ある一の鳥居右手の脇道を進むことでたどり着くようですよ!

ご注意願いたいのが、お正月の三が日。

参拝客がたくさん押し寄せてくるため境内の駐車場は近年使用禁止になりました。

参考 Office some http://www.office-some.com/chiba/1122.html
意富比神社 http://www.oohijinja.jp/access.html

ランチにいくならここ!人気のお店3戦


参拝の後はやはり船橋まできたのであれば街を散策したいですよね♪
午前中に参拝を済ませたのであれば、駅までの道にあるお店でランチ
なんていかがしょう?

でも、初めて参拝に来た方はどこに何のお店があるのかわからないかと思います。
なので、大神宮下駅の最寄りでランチが人気のご紹介したいと思います。

① 船橋一と称されるカレー 『サールナート』

京成線大神宮下駅から徒歩5分。
船橋大神宮に向かう最中にありますカレー、インド料理のサールナート。

営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00
定休日:水曜日(火曜日は昼のみ営業)

メニューはランチプレート 1,050円
エッグ&ベジ(中辛) 1,050円
バタークリームセット(甘口) 1,150円
他にもカレーはチキン、マトン(共に辛口)、本日のカレー(中辛)から2品あります。
ナンは大きくてプレートからはみ出しており、焼きたては香ばしくモチモチです。

プレートはカレー二種にサラダとナンにライス、そしてヨーグルトがついてます。

量も多くお腹いっぱい♪
常にランチ営業は待ち時間必須のため営業時間少し前に
行くかランチ終了前に行くのがベストです。

② キッチン直

京成本線大神宮下駅から徒歩約4分。
東武野田線、JR総武本線船橋駅から徒歩約15分。

営業時間 11:30~14:00 (ラストオーダー) 17:00~20:00 (ラストオーダー)
※月曜日はランチのみ営業 日曜営業
定休日 火曜日・水曜日 定休

店内わずか7席とこじんまりとしたお店。
メニューはロースにヒレカツ、エビフライ。

冬場はカキフライ定食などがあり大体2000円ほどの定食で
ご飯にお味噌汁、そして付け合わせのキャベツに小盛りのポテトサラダなります。

他にもビーフシチューやハンバーグもあるようですね♪

フライの衣は薄くサクサク、油っこくない。お肉はほんのりピンク?ですが、
しっかり中まで火が通っています。オススメの食べ方はソースではなく塩♪

またクリームコロッケも人気です!

③ そばやの高さわ

京成船橋駅から342m 船橋大神宮より少し離れています。

営業時間 11:30~14:00(L.O.)  17:30~21:00(L.O.)
定休日 日曜日・祝祭日

敷居高そうな外観ですが、意外にお値段リーズナブル。盛りそばを始めお蕎麦と揚げたてさくさくの天ぷらがとても美味しいです!

蕎麦は少し量が少なめですが、天ぷらは結構な食べごたえがあります♪
蕎麦屋というより、どちらかと言うと天ぷらが人気のようなお店です。

参考 食べログ
https://s.tabelog.com/chiba/A1202/A120201/R5676/rstLst?lid=header_restaurant_detail_top

まとめ

いかがでしたか?
お宮参りでは小さなお子さまが一緒だと思うので
車でのアクセスが便利で駐車場も無料と、ありがたいポイントです。

しかし、駅から徒歩3分と近い場所にありますので
公共の交通機関を使い参拝してのんびり駅回りを散策するのといいかと思います♪

船橋大神宮のお守りはどんな種類がある?

縁結び、交通安全などお守りにも種類は様々。
船橋大神宮にはちょっと一風変わったお守りがあるのご存知ですか?

それはおみくじにあり、名称は「開運招福お守り入りおみくじ」と呼ばれています。

初穂料100円となったいて、中にはおみくじと開運を招くと言われています。
縁起物の8体のお守りのうち1体が入っており、おみくじを引いて開封するまで、
何が入っているのかドキドキワクワクしますね♪

ここでこそっと中に含まれる縁起物8体の意味するお守りの詳細をお教えします。

⚫だるま→福の神
⚫銭亀→財宝授与
⚫かえる→旅行から無事帰還
⚫小槌→振れば財宝を授かる
⚫招き猫→商売繁盛
⚫恵比寿→笑いを招く
⚫大黒天→福神の代表
⚫熊手→福や財をかきこむ

参考 travel star https://travel-star.jp/posts/2532

うーん縁起物で何となくその意味が汲み取れるような気がしますね。
また招き猫以降の縁起物はなんだか1月の福恵比須を連想させるのは私だけでしょうか?
船橋大神宮で厄払いをするあなたに
なんか最近ついてないかも…。
とか嫌なことがたび重なると、神様だよりで自分を取り巻く厄を払いに行こう!
となりますよね?

船橋大神宮でもご祈祷しているので、厄を払ってご利益満載の神社を参拝し、
気持ち新たに帰路を迎えることができますよ!

ここでは厄払いをお願いするまでに知っておくと便利な詳細をお教えします。

受付時間は当日の16:00までとなり、10:00~ 毎時1時間おきに祈祷を行っている。
予約がなくても当日でOK
家内安全の初穂料は3,000円からで厄祓いの初穂料は5,000円となっている。

のし袋はあった方がより丁寧。
その際は上に「初穂料」下に「名前」を書いておくこと。

でした。

参道を通り抜け、左手にある社務所で祈祷の受付を行っています。
行って欲しい祈祷を伝えると専用の紙を手渡されます。
(家内安全は白、厄祓いは緑の紙を渡されます。)

その紙に書くことは
住所、名前、厄祓いの人は生年月日
初穂料に◯をします(白:三千、五千、壱萬  緑:五千、壱萬)

記入後、初穂料を入れたのし袋を納めその後にお札の名前を確認し、
御神酒の入った紙袋を渡されるので受け取り、控え室へ移動。

控え室では神主さんから玉串奉奠の説明があるため、内容を把握した後、本殿への移動。
ちなみに、玉串奉奠は「榊の根本を右手で持ち、時計回りで根本を神様の方へ向けて
机の上に置く。その後二礼二拍手一礼をする」というものです。
祈祷中に執り行うため忘れないよう気をけつけてくださいね!

祈祷は15分くらいで終了し、最後の最後に玉串奉奠があるのですが、
正座をしていた足にはツラいので痺れでガクッとならないようにご注意を。

参考 初詣
http://hatsumoude.net/%E8%88%B9%E6%A9%8B-%E5%8E%84%E9%99%A4%E3%81%91.html

担ぎまくれ!船橋大神宮のご利益とは

実は船橋大神宮、三重県にある伊勢神宮と縁があり“お伊勢参り”と“日光参り”が
一挙にできてしまうと有り難いパワースポットだと言うことををご存じですか?

まずは伊勢神宮との縁についてです。
正式名称は意富比神社と言い、漁民の為に太陽神の信仰を集めていました。

しかし皇子である日本武尊(やまとたけるのみこと)が日照り続きに苦しんでいた住民の為、伊勢神宮の祭神、天照皇大御神を祀ったところ雨が降り人々を救った。

というのが創始の始まりと言われています。

そのため太陽神より天照皇大御神の信仰が強く、意富比という言葉は薄れ、
結果現在の通称名船橋大神宮が広まったようです。

と言うことで船橋大神宮は伊勢神宮とも関係しています。

そのためご利益としては
夫婦円満、家内安全、子孫繁栄 などの家庭から
産業発展、出世開運、五穀豊穣 と仕事面に
諸願成就、勝利祈願 などがあげられます。

参考 気になる情報ブログ
https://kininaruzyouhou.info/funabashi-daizingu-interesting-amulet/#i-18

次に日光参りですが、境内にある摂社「常盤神社」ですが
装飾が大変きらびやかで、門などに徳川家の家紋“三つ葉葵”が付されているのです。

何故なら徳川家康公がお祀りされているのですが、
理由として江戸開府の頃から国家の安泰・武運の長久と、
船橋大神宮を篤く崇敬していたことによるからです。

家康公が日本武尊の像この場所に作り、本社にお祀りし秀忠公が家康公の前歯などを奉納。
他にも常盤神社の造営や門などに徳川家の家紋“三つ葉葵”が装飾されたり、
家光公が秀忠公の木像を納め祀るなど…

歴代の徳川将軍によって崇敬・庇護されているからなのです。

参拝してみると比較的新しい神社で一見、日光東照宮のような作りの印象を受けました。
これは2015年。家康公没後400年だったことから、
老朽化した社殿の建て替えが行われたからです。

その様なこともあり、社殿日光に参拝したのと同じご利益がいただけてしまうのですね♪

参考 LINEトラベル 旅行ガイド
https://www.travel.co.jp/guide/article/21806/2/

まとめ

ご利益満載に地元民から愛される船橋大神宮はいかがでしたか?
千葉県船橋市と東京方面の方はアクセス抜群♪

祭典や行事も年間とおして多く、地元の人による朝市などの開催もあり賑わい必須!
さらにご利益満載のパワースポット一度参拝して損はないかと思います!

大人気の理由を徹底解説!船橋大神宮の初詣はどんなものなのか

千葉県船橋市に位置し船橋の中で有名で大きな神社である船橋大神宮。
古くから地元民に親しまれており、初詣には多くの参拝客が押し寄せ
毎年元旦の初詣客は約6万人程度とまで言われています。

境内にはたくさんの屋台が立ち並び、
本殿の脇では氏子青年部による甘酒の無料配布や豚汁や田楽などの
販売も行われているのですが、昼前には豚汁が売り切れになるほど人気が
多くの参拝客で賑わいを見せているようです。

寒い中参拝待ちで冷えた身体を温めるのに甘酒や豚汁は最高ですね♪

そしてお昼前には正月元日と三日に初神楽が演じられるのですが、
その舞いは船橋市指定無形民俗文化財となっているようです。

きらびやかな衣装に扇や弓矢、剣を用いてお面をかぶり舞う姿は
参拝客の楽しみの1つのようで、皆さん足を止め写真を撮って楽しんでいます。

また、境内には地元の漁業関係者による木造建築3階建て
六角形の洋風灯明台(千葉県有形民俗文化財)があり、
正月三が日に公開されるとのことで、
かなり充実した催し満載の初詣で人気なのがわかる気がします♪

参考 myフナネット
https://myfuna.net/archives/townnews/%E8%88%B9%E6%A9%8B%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%88%9D%E8%A9%A3%E3%80%8D%E3%81%AB%E9%95%B7%E8%9B%87%E3%81%AE%E5%88%97%E3%80%81%E6%99%B4%E5%A4%A9%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%88%9D%E3%82%82

混雑は避けたいあなたに!船橋大神宮の参拝時間を知りピークを避けろ

お正月の初詣。混雑必須だとは思うけれども出来ることなら
そこを出来るだけ避けたいと思うのは当たり前ですよね?

船橋大神宮のお正月の混み具合を前年度、2017年度を参考に調べてみましょう。

参拝日時1月2日、時刻は14:30頃に到着。
正面玄関手前から長者の列。1時間ほど並びやっと、正面の鳥居をくぐることが出来ました。それから30分ほど並び、やっとお参りが出来る…。と言う感じのようですよ。

やはり3が日は毎年同じように長蛇の列で混雑するようです。
特に多いのがカウントダウンから年明け、そして初神楽などが回れるお昼過ぎまで。

ですので混雑を避けるのであれば、三が日を避けてての初詣がベストです。

しかし、やっぱり三が日の期間がいい!という事であれば
2日以降の夕方からが比較的混雑も緩和している頃合いだと思います。

が、屋台やおみくじの箇所は場所も狭くいため、
混雑が予想されますのでそちらはお気をつけくださいね♪

参考 SUGURI journal https://99journal.com/oohijinja2019

コレクター必見!船橋大神宮の御朱印とは

船橋大神宮との名が知れ渡っていますが、実は正式名称は意富比(おおひ)神社と言います。

何でもこの地方の民衆が信仰する太陽神、穀物神、海上守護の神だったとされるが、
平安時代後期に当地が伊勢神宮の御厨となると天照大神が信仰されるようになり、
船橋神明、船橋大神宮と呼ばれるようになったと言われています。

ですので人気の御朱印には、正式名の意富比神社で書かれるため
ご存知ない方はちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。

これと言って社印や押印に特徴はないのですが、ここで注目したいのは御朱印帳です。

表面は千葉県の有形民族文化財に指定されている灯明台がどんと鎮座しており、
裏面には二代目である。歌川広重が描いた鳥居と多くの参拝客の浮世絵がとなっています。

あまり見かけないデザインですよね。
御朱印帳の初穂料は1200円。御朱印は300円で社務所でいただけます。

また御朱印をいただける時間は9時から17時までとなっています。

参考 travel star https://travel-star.jp/posts/2532?page=2

最後に

いかがでしたか?
地元で愛される船橋大神宮、これからの季節ですともう少しで年の瀬。
初詣は是非一度足を運んでもらいたいですね♪

またこちらでは定期的に朝市が開催されていて、
当日には地元の農家で収穫された新鮮な野菜や船橋港で
水揚げされた魚が販売されたりしているようです。

船橋産の野菜や魚介を使ったクラムチャウダーやジェラートもありますので、
朝市でしか味わうことができないものを一度食べに行くのもおすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする