「勝負チョコ」を作ろう!!バレンタインチョコの手作り簡単レシピ

バレンタインデーにチョコをあげる習慣は、チョコレート会社の「メリーチョコレート
カムパニー」が1970年代にキャンペーンを張ったのが始まりと言われています。

今ではすっかり定着していますが、だからこそやはり悩むのは、

「チョコ、どうしよう・・・」

ですよね。

本命の彼がいる人はもちろん、いない人でも、日頃仲良くしている人たちに感謝の気持ちを込めて、贈りたいところ。

しかもお菓子作りって料理より難しい・・・(汗)

そこで、100%ではないけど手作りと言えてしまう「キット」に頼ってしまいましょう!

バレンタインで手作りチョコを作るキット

先に言ってしまいますが、私のイチオシは「無印良品」!

無印良品バレンタイン特集2018
https://www.muji.com/jp/valentine2018/

ガトーショコラやフォンダンショコラが超おいしい~!
1000円でお釣りが来るのに、味は本格的。
無印良品のお菓子はどれもあまり甘すぎないのがいいんです。
素材にこだわっているのも◎。

とは言え、よくよく調べてみたら手作りキットはけっこういろいろありまして。

「クオカ」(手作りお菓子とパンの専門店)
http://www.cuoca.com/

こちらは「富澤商店」という、パン屋さんやお菓子屋さんに材料を卸したりしている会社の、
お菓子とパンに特化した通販サイトです。
元々専門店だから味は折り紙付き、しかもラッピングまでついてくるという丁寧さ!
無印良品より値段は張りますが、百貨店にも出店しているので、
気になった方はぜひ足を運んでみては。

さらにお手軽なのが、こちら

バンホーテン
https://www.vanhoutencocoa.jp/valentine/

言わずと知れた、ココアの老舗バンホーテン。
しかもここの手作りキットはお手軽価格でスーパーでも買えます!
ただ、こちらは数量限定なので早い者勝ち。
ゲットするなら年明けから探して下さいね。

バレンタインデー手作りチョコのオシャレラッピング法!!

ラッピングにこだわりたい方は、こちらを参考にしてはどうでしょう。

暮らしニスタ
https://kurashinista.jp/feature/detail/168

保活と主婦とワーママと。あれこれためになる話
https://www.江戸川保活.com/valentine_wrapping_idea/

top5google
http://top5google.com/2014/12/01/post-888/

数が多い友チョコにも、本命にも対応できる100均の材料は優秀ですね!

色使いも、

男性あて→渋め、外見でバレンタインだとバレないように。
女性あて→自分のセンス全開で!

というのはとても参考になります。
つい気合を入れすぎて、ハートとかピンクをこてこてに盛らないようご注意を。

でも、特にすごい技術がいるわけでもなく、ただ

袋に入れて、リボンをくるっと巻いて、それらしいシールを貼って。

というだけですから、気負わずトライしましょう!

まとめ

バレンタインデーは、年に一度おおっぴらに家族以外の男性にプレゼントができる、
貴重な日です。
ただチョコをあげるだけでなく、「いつもありがとう!」のメッセージも忘れずに。

あとスタートダッシュは早い方がいいです。
キットでも既製品でも、人気のものは2月にはもう売り切れていますから・・・。

善は急げ。
あなたの優しい想いが報われますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする