そんな日もあるよね…部活を上手に休む理由・サボりテク5つ

昔、中学に高校と学校生活を謳歌されましたか?
何だかんだ言ってもあの頃が一番青春してたな!
って言える生活を送っており、充実してたなぁと私の中では思います。

多分、部活動に勤しんでたのが主な原因のひとつかと思います。
昔は自分で決めて入部したのに嫌で仕方なかった日も多々あったり…。
今となっては懐かしい青春の一部ですね。

体調が優れないとか怪我をしてしまった場合は仕方のないことなんですが、
たまーに部活に行くのが憂鬱でグランドや第一に向かう足が重かったりすることもありました。
主に仲間内でゴタゴタが合ったときによくそう思っていたのですが…

例えば部活を辞める辞めないと言い出すメンバーが続出して、
部活の生存危機に陥ったり。また今では虐待!?と捉えられそうなほどの先生からの熱血指導…。

ヘトヘトになり殴られボールを当てられながらよく耐えたと思います。
でもどうしても無理で部活に出たくない時に、チラッと頭に過る「サボり」。

あなたは実践したことありますか?

サボるにしても部活を休むための理由が必要となりますよね。
単にダルいからとか行きたくないからとか…そんな気分的な問題で休もうものなら、
仲間内の目も痛いですが、厳しい顧問の先生なら鉄拳が飛んできそうな気さえしてきます。

ここでサボるために必要なものを紹介していこうと思います!

まずは休むための大前提として『理由』が必要になってきますよね。
きちんとした理由なしに昔の部活動は休めなかった気がします。

① 身体の不調
これは一番正当な理由になるのではないでしょうか?
しかし、スッキリした清々しい顔で体調不良を訴えても皆無。
きちんと理由に沿った演技にて先生を納得させなければなりません。
またサボったのであればその後はきちんと家に帰宅してゴロゴロするのが一番です。
こっそり休んで他の友達と遊びに行ったと知られたら後が怖いですから。

② 予約していた病院の診察
これも王道な理由ですね。体調不良とは違い演技は別に要らないのでまだ先生を納得させやすいかと思います。
予約する病院には歯医者に眼科が一番使えるのではないでしょうか?

しかし何故にこの日?と疑問を持たれないように気を付けましょう。

③ 親族の病気
これは一刻を争う場合もある可能性もあるので効果はかなり期待が持てますが何回も使える理由ではないですね。

また顧問の先生が担任だった場合に親に連絡が行く場合もあるかもしれません。
効果はてきめんですが、リスク大!その事を十分に頭にいれておく必要があります。

④ 開き直り
今日は部活が休みだ!と思い込み素知らぬ顔で部活を休むケースです。
もちろん後日に発覚しお灸を据えられるかと思いますが、堂々とその日だけは満喫できます。

⑤ むしろ正直に答える
ライブやコンサートなどどうしても外せないときはもう観念して正直に答えるのも手かも知れません。
先生にどちらが大切だと言われて素直に答え度肝をぬいて休んでしまいましょう。

どうでしょうか??ストレートから変化球にとんだ理由を5つ紹介いたしました。

部活を休む理由として大事なのはさぼりを悟られないこと

しかし、休む大前提として理由を述べたときに顧問の先生に悟られないことこそが最大の難関となります。
人は嘘をつくときに罪悪感からか表情に出てしまったり、言葉に詰まったりする傾向があります。

休むなら女優や俳優のように振る舞い演技をするよう心がけないといけません。

部活を休む理由として言ってはいけないセリフ

しかし、サボるための理由として5つあげましたがこれは紙一重。
言ってしまうとばれる可能性もあります。

特に冠婚葬祭や祖父母の危篤に病院の予約が怪しいところです。
冠婚葬祭は事前に日程のわかるもの、突然当日に休むことはまずあり得ないですよね。

また祖父母の危篤もサボる理由でよく
使用する方が多いようでどれだけ真面目な子が理由として述べても怪しまれる事が多いようです。

病院もそうですよね。まぁ事前に報告していても曜日を変更しろと言われてしまったり
疑り深い先生だと診断書提出とややこしいことを言ってくることも…。

最後に

サボりたい部活。十分わかります!がなかなか成功するには難しいことかもしれません。
開き直って堂々とサボるか体調不良で見学というところで留まるのが一番の方法かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする