ネガティブでも大丈夫?転職理由の本音の伝え方

02a8e3327326f38994964a9fee9a617e_s

面接で必ずといってもいいほど聞かれるのが

「転職理由はなんですか?」です。

しかし面接であまりネガティブな発言は

採用されないかも・・・と

不安になりますよね。

そんなネガティブな転職理由をどうやって

伝えればいいのか。

どこまで本音で伝えていいのか。

今回は転職理由の本音の話し方を紹介します。

ホントはみんなネガティブ。転職理由の本音の伝え方

1e7c82e3384d57cbd3b5cf7d2007482f_s

転職理由がネガティブだから

どうやって伝えていいかわからない。

と悩む人は多いはず。

しかし大概の人はネガティブな理由で転職しています!

「転職理由=退職理由」がほとんどじゃないでしょうか。

今の会社に何か不満があるからこそ

辞めるのですからネガティブになって当然です。

しかしそのまま伝えてしまうと

ただの愚痴や文句になってしまい印象はよくありませんよね。

転職理由を聞くのは前の会社を辞めた理由を

聞きたいのではなくこれから自分の会社でどうしたいかを

聞きたいのです。

自分の退職理由が改善された場合どうなるかを

考えてみましょう。

例えば人間関係が原因の場合

上司との関係が良好でなかった

という理由で退職してそれが改善されたらどうなるか

上司との信頼関係ができる

になりますよね。

転職理由を「上司と信頼関係のできた職場で働きたい

と言えば同じ理由でもポジティブな印象になりますね。

転職理由で重要なのは

「これからどう働きたいか」です。

これを踏まえて自分の転職理由を考えてみましょう。

伝えていい本音、伝えないほうがいい本音

ec72557403f644f38ae628764a1584b5_s

基本的に伝えてはいけない本音はありません。

ネガティブな理由だからと嘘をついたり

適当に話をしても面接官には気づかれてしまいます。

嘘をついてしまうといらぬ誤解をされてしまい

逆に面接官の印象を悪くしてしまうことも・・・

上司を殴ったなど一般的にアウトな理由は

もちろん伝えない方がいいですが

だいたいの理由は隠す必要はありません。

転職理由がポジティブなものなら

そのまま正直に話して問題ないです。

ネガティブな場合はさきほどのように

ポジティブな言い回しに変換していいましょう。

大事なのは相手にどれだけ好印象に

伝えられるかということです。

まとめ

いかがですか?

転職理由はネガティブな理由の方が多いんです。

それは相手の面接官もわかっています。

その理由もあなたが悪いわけじゃない場合もあることを

理解しています。

そのまま伝えてしまうと

面接官の印象が悪いような内容でも

少し言い方を変えるだけでぐっと印象がよくなります。

面接の前にあなたの退職の理由を

もう一度考えてみてください。

それをほんの少し言い方を変えるだけで

印象のいい転職理由に変えることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする