沖縄に来たらやっぱり美しい海!知る人ぞ知るおすすめビーチ10箇所

沖縄といったら、

やはり美しい海

すい込まれそうな

澄んだ青色は、

心を静めてくれるヒーリング効果も。

日常から離れて

心も体も休まる時間

過ごしたいですよね。

ですが、

沖縄は人気の高い旅行先。。。

休みに行ったはずが、

観光客の多さにぐったり

なんてことも。

そこで、

今回は、知る人ぞ知る

穴場のビーチをご紹介!

あなたの心に留まるビーチがきっとあるはず!!

たくさんありすぎて困る・・・そんな人にオススメ!沖縄本島の穴場ビーチ

9dc86119bfd094a9734f857bc38e19f6_s

「よし、沖縄の海に行こう!」と

言ったものの、、、

「どのビーチが良いのか分からない」

「たくさんあって・・・」

「宿泊先が本島だから、

移動もあるし本島のビーチがよいな」など

漠然としていて

意外と自分で調べると時間がかかりそう、、、

と困ってしまうことも。

そんなあなたにオススメ!

こちらのビーチはいかがですか?

【沖縄本島の穴場ビーチ】

  • スクバマ(東村) ― 沖縄県本島北部

知る人ぞ知る隠れ家ビーチ

地元の人でも知らない人がいる?とか。

天然記念物に指定されている

慶佐次のヒルギ林の公園が近くにあります。

静かな時間がゆっくりと流れています。

砂は、サラサラとしていて

素足でも気持ちが良い

南向きの砂浜のため、サンダルと

サングラスが必要です。

設備やアクティビティはありません。

駐車台:無料

  • 具志頭(グシチャン)浜(八重瀬町)― 沖縄県南部

女性3人グループが初の沖縄ロケを行った場所で

ファンの間ではひそかな人気だそうです。

サンゴに囲まれた穏やかな波なので、磯遊びも可能。

岩石海岸と砂浜海岸が混じったビーチ。

駐車台:無料

  • 幸喜ビーチ(名護市) ― 沖縄県北部

沖縄を南北に走る国道58号線沿線にあり、

ドライブがてら立ち寄り、泳ぐこともできる。

名護市民に愛されているビーチ

マリンスポーツも楽しめます。

トイレ・シャワーといった設備も整っています。

バーベキューもできます。持ち込み可。

近くにコンビニがあり買い出しもできますが、

もちろん貸し出しもあります。

駐車台:無料

  • 瀬底大橋 ― 沖縄県北部

本島で一番澄んだ青い色と知られ、色彩に富んだ熱帯魚に会える穴場。

美ら海水族館から15分の場所。

普通は、瀬底ビーチに行く人が多いため

橋の下は穴場で自由に泳げるそうです。

沈んでいく夕日をゆっくりと眺めることができます。

  • 瀬嵩御宮 ― 沖縄県東部

大きく弧を描くビーチで、ゴミもない綺麗なビーチ。

波が穏やかで透明感が高い。

浜辺でゆっくりとした時間を過ごしたり、

泳いだりできます。

駐車スペースは4台ほど。

美しすぎる・・・絶景・感動・ゆったり時間が流れる離島の厳選ビーチ

0695fc4e850f9e58a7a8a5309a328a26_s

  • 久宇良ビーチ ― 石垣島

このビーチは、出会える時間が決まっているビーチ。

家族連れなどが多い「石垣島サンセットビーチ」から干潮時だけ

行くことができる幻のビーチ

潮が満ちるのに注意が必要だが、一生に一度は経験してみたいものです。

  • ニシ浜 ― 波照間島

日本最南端の島。

それはそれは、

「ハテルマブルー」と呼ばれるほど

美しすぎる青で輝く海。

砂は真っ白サラサラ

浜へ向かう道中の景色も素晴らしく、

来た価値があるそうです。

シュノーケルも体験可能。

トイレやシャワー、更衣室も完備。

観光客など人もほとんどいないそうです。

  • トゥマイ浜 ― 津堅島

本島からフェリーを利用して

日帰りで行ける島。

他の人気の島に比べて

那覇からのアクセスが難しいためか、

観光客が少なめ。

磯遊び、ダイビングや

シュノーケリングもでき、

親子連れでも

楽しめるアクティビティもあります。

夜の星空は、とても綺麗なので、

一泊宿泊するのも良いかもしれません。

特産品ににんじんがあり、

別名「キャロットアイランド」

親しまれているそうです。

  • 伊是名島 

島は、周囲が16.7キロの円形で、

30分もあれば一周できてしまうそうです。

とても小さな島ですが、

美しいサンゴ礁に囲まれた海です。

琉球王国第二尚氏初代国王の

尚円王の誕生した場所

としても有名で、

集落の風景から

歴史を感じます。

  • 慶留間島 ― 慶良間諸島の1つ

人口100人に満たない小さな島。

アクセスが悪いためか、穴場のスポット。

比較的に観光客に知られていないため、

美しい海はプライベートビーチのようです。

騒がしくない小さな島で過ごす時間は、

きっと心をリフレッシュしてくれるでしょう。

昔、船乗りの里だった

「沖縄県の重要文化財 高良家」が見れます。

まとめ

08fec19d3bb4a79d715ccf81f5fde61d_s

心に留まったビーチはありましたか。

絶対に外れがない!

といえるものがあります。

それは、海そのものです。

どのビーチにも

共通しているのは、

海の青が美しいということです。

あなたが出会うブルーは、

どんなブルーでしょうか。

思い出に残る素敵な旅となりますように。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする