ママも楽しくなっちゃう!?赤ちゃんが歯磨きを嫌がるときの対処法!

hai_1

赤ちゃんの歯の生えはじめ!

本当に可愛いですね。

赤ちゃんが大きくなるにつて、その都度、心配事もふえてきます。

さあ、歯が生えたということは。。。

今度は虫歯の心配。。。

お母さんは大変です。

虫歯の予防は、きちんとした食事時間としっかり歯磨き!

でも誰だって、口の中にわからないものが入ってきたら嫌ですよね。

赤ちゃんだって同じ、、

必死で抵抗してくるでしょう。

このままほっといていいわけないのはわかってます。

では、どうしたら?

歯磨きを嫌がるのには、こんな理由があります!

hai_3

赤ちゃんが泣くのはちゃんと理由があります。

大人は、歯を磨くことの重要性をちゃんと認識しているので

めんどくさくても毎日ちゃんと磨く習慣ができてます。

でも、赤ちゃんにとっては

わけもわからず、いきなり口の中に異物を入れられるのだから

抵抗して当たり前。

焦ってしまったお母さんは、

子供に虫歯の辛さを与えたくないという必死の思いで

強く押し付けたり

声を荒げたり

怖い顔になったり、、、

もっと嫌がることになります。

やってはいけないこと

hai_2

ごしごし磨く

これは、わかりきったことかもしれませんね。

まずは慣れてもらうこと。

無理せず慣れるまでゆっくりと

嫌なイメージをもたせないこと。

あと絶対だめなのが大人用歯磨き粉だそうです。

義務感を持たないこと

赤ちゃんの様子を見て、

ゆっくり、楽しくですね。

歯磨きが好きになる赤ちゃんも!嫌がったらやってほしいコツ

ha_1

ふだんからお口周りで、手当てたり、アワアワ言ったり、

頬に触れたり、楽しい雰囲気をつくっておくのもいいかもしれませんね。

歯磨きの絵本なんてあるといいかもしれませんね。

すきすきはみがき (こぐまのくうぴい)

hai_4

ノンタンはみがき はーみー

hai_5

DVDで音楽に合わせてするのもいいかもしれませんね。

それいけ!アンパンマン テレビコレクションDVD & こどもハブラシセット~アンパンマンと楽しくはみがき!

hai_6

あとはお母さんの笑顔!

どうしてもやらせないとだめ!と思ってしまうと

ついつい真剣な表情になりがち

でもお母さんが楽しそうにしていると、赤ちゃんだって楽しいはず!

 

まとめ・・・歯とつきあう

hai_7

歯が生えた瞬間から、虫歯になる危険性がついてきます。

虫歯にならないための予防も必要。

1日1回でもいいそうなので、決められた時間、

楽しく歯磨きタイム!

乳歯は永久歯に比べて厚さもなく、歯質も弱いそうです。

その分虫歯になると進行も早い。

慣れてくると、歯間も磨かないといけないので

そのためにもやっぱり、楽しく歯磨きは嫌というイメージをつけないことが大切ですね。

お母さんも面倒くさがらずに、赤ちゃんと歯磨きを楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする