放っておくと危険!ストレスから来る腹痛は病気のサインかも!?

とても大事な会議の前や人前でのスピーチを
する時など急にお腹が痛くなったりする事が
日常で経験した事が良くあると思います。

何でお腹が痛くなるのか?

その原因はストレスやストレスからくる病気
と様々ですが、どちらにしても放っておくと
大変な事になりかねません。
どんな症状がストレスからの痛みなのか?
分かりやすく説明します。

1、まずはストレスチェック!こんな症状はストレス性の腹痛かも

image

・下痢になる
・胃腸の機能低下で痛みがでる
・腹痛の後に粘液が出る
・おなら・げっぷが出過ぎる
・便秘と下痢が交互になる

この様な症状はストレスからくる
「過敏性腸症候群」の疑いがあると言えます。
過敏性腸症候群の症状は大きく分けて3つ。

◎下痢型

男性に多くみられる下痢型は急に腹痛に
なったり急に便意をもよおします。
水の様な便が1日に何度も排出される特徴を
持ってます。

◎便秘型

こちらは女性に多くみられます。
2〜3日に1回程度と便意回数が減ってしまう
なかには1週間程度、便意が無い人も稀に
居ます。強くいきんでも便が出てこない事が
多く便が出てもコロコロとした硬い便で
排便時に腹痛をともないます。

◎交互型

下痢と便秘が数日ごとに交互になる人はこの
交互型と言えます。

過敏性腸症候群の症状は大きく分けてこの
3つですが主にストレスが原因です。
ストレスを感じ脳からのストレスの刺激を
感じると腸の粘膜からセロトニンと言う物質
が過剰に分泌され腸の運動に異常をきたし
下痢や便秘が起こります。
また下痢や便秘の苦痛により脳へストレスを
溜め、そのストレスがまた脳からのストレス
の刺激を伝えるという悪循環にもなったりします。

2、悪化すると怖い。腹痛からくる病気の種類

image

◎過敏性腸症候群

慢性的に下痢や便秘、腹痛など繰り返す疾患。
他の体の器官と比べると腸は脳とは密接な
関係があり脳がストレスを感じると腸などに
伝わり機能障害を起こす事によって下痢や
便秘などおこすそうです。
他に下痢や便秘で腹痛などによりストレスを脳へ伝え悪循環になる事もあります。

◎消化性潰瘍

消化性潰瘍(しょうかせいかいよう)と
言ってもピンと来ないかも知れませんが、
一般的にはストレスでなる代表的な胃潰瘍の
事です。
胃潰瘍は強力な胃液と胃の壁を守る粘液の
バランスが崩れ胃の粘膜を破壊してしまう事で
起きるとされてます。
胃酸と胃粘膜はストレスの影響を受けやすい
のでバランスが崩れ胃潰瘍になりやすく
なってしまいます。

◎円形脱毛症

円形脱毛症になる要因の1つに精神的ストレス
が挙げられます。
精神的なストレスを受けると、それと戦う為に
交感神経が働きます。
ですがストレスが強すぎたり長く続いたり
すると交感神経が異常をきたし血管を収縮し
頭部への血流が悪くなり毛根への栄養補給
行き届かなくなり脱毛になると言われてます。

◎高血圧

高血圧と聞いたら塩分の取り過ぎや肥満など
思い出すのでは無いでしょうか?
それだけでは無くストレスも要因の1つです。
そして自覚症状が無く気付かない事が多く
進行して心筋梗塞や動脈硬化などになって
しまう事も可能性としては無くありません。

3、まとめ

image

普段の生活の中でストレスは付き物です。

生活環境を見直し改善し少しでもストレスを
無くする努力をしてみてはどうでしょうか?

趣味やスポーツ、動物と触れ合ったりと個々に
ストレスの発散方法はありますが忙しい時でも
少し時間を作って発散するだけでも全然、
違うと思います。

少しでも症状が悪化したら迷わず医者に診て
もらう事も大事です。診てもらって安心から
ストレスが軽減する事もありますし悪化して
取り返しのつかない様になる可能性も無くは
ないので少しでも変だと感じたら迷わず相談に
行く様に心掛けてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする