忙しすぎるサラリーマン要注意!睡眠不足が与えるこわ~い影響

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s多忙な日本。

働き者で有名な日本人。

毎日を忙しく働いているサラリーマンの皆さん危険です!!

長時間の仕事に加え、付き合いでの飲み会や

遊びたい気持ちが先行して寝不足になっていませんか?

体が資本であるのに、その体をゆっくり休めていない人!

睡眠不足が体に及ぼす怖〜い影響はご存知ですか?

今日はそれを紹介すると共に、睡眠時間はたっぷり確保出来ないけど、

睡眠の質を上げたいと考えている人へ良い情報をお教えします。

睡眠不足が引き起こす体の不調

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

まずは睡眠不足が原因で起こる体の不調について説明したいと思います。

睡眠不足で一番初めに体のどこの部分に影響が出るのか?

それは人それぞれ症状は違いますが、

吐き気、めまいがするようになる

寝不足が何日も続くと、仕事中にフラッとめまいが起こりはしませんか?

または急に吐き気を催したりはありませんか?

睡眠のおかげで普段の疲れはリセットされるのですが、

睡眠不足ではそれがされず、どんどん蓄積されてしまい、

結果そのような症状を引き起こし、体の危険信号を出すのです。

・腸の調子が悪くなり、便秘が原因で肌荒れを起こす

睡眠不足では腸の働きが鈍り、便秘になる他、便秘が慢性的に続くと老廃物が溜まり

肌荒れを起こしてしまいます。

・頭痛、腰痛、肩こりを引き起こす

実は自分が思っている以上に頭や腕、足は重いです。

毎日その重いのを動かしており、

睡眠時は体を休めることで筋肉や神経への負担は減少されます。

寝不足ですとその時間が十分に確保されず、筋肉は緊張状態を保ち、

神経が圧迫され、それが頭痛や腰痛、肩こりに繋がります。

・太りやすくなり、ダイエットを頑張っても意味がなくなる

特に女性にこういった症状が多く見られます。

人が一番寝ている時に活発に回復や疲れをリセットできる時間帯が

夜の22時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

普段の食事面で量を減らしてダイエットを頑張っていても、

この時間帯まで起きている人は脂肪燃焼を無駄にしてしまっているのです。

・抜け毛や白髪が増える

寝不足で体が弱っていると、脳はまず体の弱っている部分から修復しようとします。

よって髪の毛や頭皮への栄養を与えるのはそれらが終わった後であり、十分に栄養が行き渡らなくなり、白髪が増え、抜け毛も増えてしまいます。

どうしても時間が取れないときにやってほしい、睡眠の質を上げる方法

77aa5ca3a4a042ba47503ed9dddcabaf_s

「睡眠不足が体に良くないのはわかってるよ」

「寝られるなら寝てるよ」

「その時間を確保するのが難しい」

どうしても睡眠時間を確できない人にぜひやってほしい、

睡眠の質を上げる方法があります。

・寝る前にスマホ、テレビを見ない

ついつい寝る寸前までスマホをいじったり、テレビを見ている人がおおいのではないでしょうか?

液晶から出るブルーライトが脳を覚醒状態にしてしまい、ねつきが悪くなる上に、眠りの質が下がってしまいます。なので、質を上げるには寝る一時間前にはいじらないといいでしょう。

・体にゆとりのある寝巻を着る

寝る前の格好はどうしていますか

実は寝巻を着て寝ることは体を締め付けてしまい、ストレスを与えてしまいます。

なので、なるべくゆとりある寝巻を着て寝ると睡眠の質は高まります。

・起きたらすぐ太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで体内にあるメラトニンという成分が分解され目が覚め、セロトニンが体の中で分泌されて活動的になります。

セロトニンはストレス軽減効果もあり、一石二鳥で睡眠の質を高めてくれます。

まとめ

忙しいサラリーマンのみなさんは睡眠時間もバラバラで、寝る時間帯もバラバラです。

その中で、こういった方法を試してもらい、

一人でも多くの人が睡眠不足から解放され、

健康な笑顔で毎日を過ごしていただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする