ウソ?ホント!?虫歯が歯磨きで治る方法とその真実

虫歯が出来ると食べ物を食べると痛んだり、

冷たいものがしみたりして嫌ですよね。

でも、一番嫌なのは歯医者に行くことですよね。

お金もかかるし、治療はとっても痛い…

出来れば歯医者に行くことを避けたいですよね!

ここでは、なぜ虫歯は出来るのか?

虫歯を予防する為の歯磨きの方法など

ご紹介していきます。

なぜ虫歯はできるのか?

%e6%ad%af

歯を磨いても虫歯になってしまう…

どうしてなのでしょうか?

逆に歯を磨いていなくても、

虫歯にならないという人もいますよね。

この差は何なのでしょうか?

実は、虫歯菌が口の中にいるかどうかの差なのです。

虫歯菌の中でミュータンス菌という菌があります。

この菌は虫歯菌の中で最も悪い菌です。

ミュータンス菌は生後10~36ヶ月の間に

保護者から感染してしまいます。

口の中に大量のミュータンス菌が感染すると

歯磨きでは減らすことが出来なくなってしまいます。

また、虫歯になりやすい条件もあります。

いくつかご紹介します。

・虫歯になりやすい質の歯

・歯垢を作りやすい糖分を含んだ

飲食物の摂取する頻度が多い

・ミュータンス菌(虫歯菌)の量が多い

・唾液が少ない

・唾液が酸を中和する能力が弱い

これらの条件に当てはまる人は

虫歯になりやすいので気を付けなければいけません。

歯磨きで虫歯は治せる?すぐにやってほしい歯磨きの方法

%e8%99%ab%e6%ad%af

歯磨きで虫歯を予防したいですよね。

ここでは、虫歯が出来にくい歯磨きの方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

【スクラビング法】

スクラビング法とは、歯ブラシを直角に当て

歯を磨く方法です。

一番奥の歯や凸凹している部分や

歯茎が下がってしまっている部分は

歯ブラシを縦や斜めにいれて磨きます。

【デンタルフロスを使う】

虫歯は歯と歯の間にできやすいです。

なぜなら、歯ブラシでは歯と歯の間を

しっかり磨くことができないからです。

デンタルフロスを使い、

歯と歯の間の歯垢を落とすようにしましょう。

【2~3回は歯磨きする】

虫歯菌はタンパク質や糖を分解して

歯を溶かしてしまう酸を作るので、

必ず食後は歯を磨くようにしましょう。

また、寝ている時は唾液の量が減るため

虫歯が出来やすい時間といえます。

寝る前もしっかりと歯を磨くようにしましょう。

【歯磨きのタイミング】

歯は虫歯菌が出した酸が原因で

虫歯になってしまいます。

歯磨きをするタイミングは食後が良いですが、

食後すぐではなく、30分後に磨くようにします。

唾液が酸を中和してくれるからです。

しかし、唾液の中和する力が弱い方は

食後すぐに磨いた方が良いでしょう。

まとめ

虫歯が出来ないようにするために

糖分の少ない食生活を変えてみたり、

歯磨きの方法を変えてみましょう。

少しの努力で虫歯を予防できます。

健康な歯を手にいれましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする