意外と見られてる!?知らないと恥ずかしい、出産内祝いのマナー

出産を控えている方、内祝いのマナーを

しっかり理解していますか?

ちょっと自信が無い…という方!

ここでは出産内祝いとは何か?

贈る時期や金額などの基本的なマナーを

ご紹介していきますので、

もう一度復習してみて下さいね!

出産内祝いについて全くわからない方は

ここで詳しく学び、これから内祝いを送る際に

役立てて下さいね!

内祝いってなに?どんな人に贈るもの?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

出産内祝いとは何なのかご存知ですか?

出産内祝いは、子供が生まれた喜びを込め、

親類縁者や友人、近所の方へ配るものでした。

しかし、最近では出産祝いを貰った方へ

お返しとして贈るのが一般的です。

内祝い=出産祝いのお返し

という認識なようですね。

贈る時期や金額設定。覚えておきたい内祝いのマナー

%e5%86%85%e7%a5%9d%e3%81%84

ここでは出産内祝いを送る際の

マナーをご紹介していきます。

【贈る時期】

以前は初宮参り後すぐだったが、

最近では生後1ヶ月~2ヶ月以内

贈るのが一般的なようです。

【出産内祝いの金額】

出産内祝いの金額はバランスが大切です。

出産祝いで高額な物を貰ったが、

こちらからは安い物を渡すというのは

バランスがおかしくなってしまいますよね?

バランスが全く取れていないと

マナー違反になってしまいます。

結婚内祝いの金額は、

いただいた品の半額が一般的です。

しかし、目上の方からいただいた場合、

高額だった場合は3分の1程度で大丈夫です。

もしも1万円の出産祝いをいただいたら、

出産内祝いの金額は3,000円~5,000円になります。

【贈る品物】

実用的な品物を贈るようにしましょう。

石鹸やタオルのセット、洗剤などの消耗品

お菓子やコーヒーなどの

日持ちする食品なども良いでしょう。

【出産内祝いの熨斗】

出産内祝いののし紙は、表書に

内祝」もしくは「出産内祝」と書きます。

出産内祝いの場合の水引は

紅白の「蝶結び」です。

名入れはお子様の名前にします。

命名披露も兼ねてだそうです。

その為、ふりがなをふって

お子様の名前を覚えてもらうようにします。

【メッセージカードを添える】

子供の写真を入れたメッセージカードを作って、

出産内祝いのギフトにつけてくれるショップが

近頃多いようです。

お子様のお披露目にこのサービスを

利用するのも良いですね。

【贈ってはいけない品物】

処分しづらいお子様の写真や名前入りの品物

相手の負担になる事があるので避けましょう。

両親や親しい間柄の方以外は

やめておいたほうがいいでしょう。

また、自分の趣味の品物なども避けましょう。

贈られた相手が喜ぶものを贈ることが基本です。

まとめ

出産内祝いについて理解が深まりましたか?

これから出産内祝いを贈る機会があるという方は、

しっかりとマナーを守り、

相手が喜ぶ出産内祝いを贈りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする